動詞の種類と時制(助動詞・動名詞・不定詞・分詞構文など)

動詞の種類と時制(助動詞・動名詞・不定詞・分詞構文など)

動詞の種類 英語の文法:一般動詞、他動詞と自動詞、肯定、否定、疑問文 英語の文法:句動詞 時制 英語の文法:現在(過去)進行形 英語の文法:未来形 英語の文法:過去形(was, were, did) 英語の文法:現在完了…

英語の文法:分詞構文で使う主格補語と目的補語の使い方

ここでは、主格補語や目的格補語に相当する語句を見ていきます。基本的には文型とは違い、少し特殊な形となる文体ですので、ここでしっかりと文章構成を理解してください。    主格補語と目的格補語とは 本題に入る前に、…

イギリス英語の文法:助動詞

ここでは、イギリス英語の文法について学習をしていきます。アメリカ英語とは違う表現が沢山あるので、将来イギリス英語をマスターしたい人や、イギリスに在住する人などはここで文法を覚えてしまいましょう。  have got これ…

英語の文法:shouldの特殊用法

ここでは、shouldの特殊用法について解説していきます。この用法はフォーマルな場や書き言葉において使用されることもありますので、そのときのためにshouldがどういう意味なのかを理解できるようにしておきましょう。 &n…

英語の文法:よく使う助動詞の使い分け方

助動詞には様々なニュアンスがあり、これらを使いこなすにはかなりの練習が必要です。例えば、canは基本的には可能(できる)や許可(してもよい)というニュアンスがよく使われます。しかし他にも沢山のニュアンスがあり、推量(かも…

英語の文法:助動詞の使い方(need,shall,dare)

助動詞は、会話でも文章でも頻繁に使われる品詞です。一般動詞の前に置かれ、「可能(出来る)、意志(するつもりだ)、推量(だろう)」などを表すことができます。   ここでは、以下の助動詞を学習していきます。 &nb…

英語の文法:接続詞+分詞構文、独立分詞構文、付帯状況with

ここでは分詞構文をさらに発展させ、ここではさまざまな種類の分詞構文を学習していきます。学習内容は以下の通りです。   接続詞+分詞構文 独立分詞構文 付帯状況のwith+分詞構文 分詞構文の慣用表現 分詞構文と…

英語の文法:助動詞の使い方(can, may, must等)

助動詞は一般動詞の前に置かれ、可能(できる)、意思(するつもりだ)、義務(しなければならない)などの概念を表すことができます。英語ではcan, will, mustなどがこれに当たります。   助動詞と一緒に使…

英語の文法:時制の一致を受けない文

ここでは、時制の一致について学習をしていきます。これは日本語には存在しない概念であり、日本人が慣れるには練習が必要です。そのため、この文法に関する知識をつけたらあとは何度も例文の音読・暗記をするようにしましょう。 時制の…

英語の文法:動名詞の慣用表現

ここでは、会話で使われる動名詞の慣用表現について学習していきます。動名詞の慣用表現はいくつかありますが、日本語から英語へ変換しにくい表現もいくつかあります。最初のうちはこのような表現を避け、日本語から発想しやすい表現を選…

英語の文法:不定詞(疑問詞+to不定詞、独立不定詞)

ここでは、会話でよく使われる「疑問詞+to不定詞」と、独立不定詞(不定詞の慣用表現)について学習していきます。特に独立不定詞は、日本人にとっても非常に使いやすい表現です。ぜひ、ここでしっかりと使い方をマスターしてください…

英語の文法:分詞構文の作り方

ここでは、分詞構文について解説をしていきます。会話でも頻繁に使われる文法なので、ここでしっかりと理屈を理解して使えるようになりましょう。    分詞構文とは 分詞は関係代名詞と同じく、形容詞句としての役割を果た…

英語の文法:不定詞(意味上の主語、完了形、進行形など)

ここでは、不定詞の意味上の主語や完了形、進行形、it is+形容詞+of+人+to doの形、そしてbe to doを学習していきます。最初のうちは、これらはスピーキングで使いづらい文法です。まずは理屈を理解し、何度も例…

英語の文法:to不定詞の副詞的用法と構文

to不定詞の副詞的用法は、日常会話において頻繁に使われます。また、これらの構文(in order toやtoo toなど)は必ず体得すべきものです。ここでは、副詞的用法や会話でもよく使われる構文を解説していきます。ちなみ…

英語の文法:動名詞(意味上主語、時制、現在分詞の違い)

ここでは、動名詞の意味上の主語や時制、否定の形、そして現在分詞との違いについて学習していきます。英語学習者の中でも、スピーキングで動名詞をなかなか使えない人が多数です。原因の1つに文法を理解していないこともありますが、使…

英語の文法:不定詞(動詞+目的語+不定詞、形容詞的用法)

ここでは、会話でよく使われる(主語+動詞+(目的語)+to不定詞)と形容詞的用法について学習していきます。    主語+動詞+(目的語)+to不定詞 これは日常会話でよく使われる表現です。「主語+動詞+to不定…

英語の文法:未来完了形の使い方

ここでは未来完了形を学習していきます。最初はスピーキングで使いこなすことがなかなか難しい時制です。そのため、未来完了形を理解し、例文を音読していくことで徐々に使い慣れていきましょう。   未来完了形は、未来のあ…

英語の文法:時制の一致の基本

ここでは、時制の一致を学習していきます。これは日本語に存在しない概念であり、初めのうちは慣れるのに時間がかかります。そのため、多くの学習者はこれをしっかりと勉強せずに会話の中で何となく使ってしまう傾向があります。 &nb…

英語の文法:不定詞と動名詞の使い分け

ここでは、目的語にto不定詞か動名詞がくる場合の正しい使い分け方を解説します。初級者や中級者がよく間違えるところでもありますので、しっかり理解して正しい英文が作れるようにしましょう。   to不定詞とは、「to…

英語の文法:分詞(現在分詞と過去分詞、限定用法)

ここでは、分詞に関して学習していきます。この文法を使いこなすためには、受動態と関係代名詞も理解しておく必要があります。そのため、受動態と関係代名詞の文法に自信のない人はまずこれらの知識をしっかりとつけてください。 &nb…

英語の文法:助動詞の基礎、使い方

ここでは、会話で良く使われる助動詞(should, ought to, can, could, be able to, may, might, would)を学習していきます。   助動詞は種類が多く、最初は自…

英語の文法:過去完了形の使い方

ここでは、過去完了形の用法を学習していきます。多くの人は、過去形や現在完了形、過去完了形の使い分けがうまくできません。この理由の1つに、過去完了形の用法を理解していないことがあります。そのため、まずは過去完了形を理屈で正…

英語の文法:現在完了形

このページでは、現在完了形について学習していきます。この時制は英語特有のものであり、日本語には存在しない概念です。そのため、多くの学習者が使い分けに苦労します。まして俊敏性を求められるスピーキングにおいては、たくさんある…

英語の文法:句動詞の使い方

動詞のしろに副詞や前置詞、名詞がつき、1つの動詞としての役割を果たすものを句動詞と言います。ここでは以下の句動詞の種類を見ていきます。   自動詞+副詞 他動詞+副詞 動詞+前置詞 句動詞は、特に日常会話の中で…

英語の文法:未来形

未来に起こること、もしくは起こりそうなことを表すときは未来形を使います。未来形の表し方は、以下のフレーズで表すことができます。   be going to will be about to 進行形 現在形 進行…

英語の文法:現在(過去)進行形

進行形とは名前の通り、進行中の動作や状態を表す文章です。ここでは、基本となる現在進行形と過去進行形を学習していきます。    現在進行形 (肯定文) 現在進行中の動作を表す形を、現在進行形と言います。この形を作…

英語の文法:動名詞の基礎、使い方

ここでは、動名詞の基本的な使い方を学習していきます。スピーキングやライティングでも頻繁に使われますので、まずは文法を理解し、何度も例文を音読して自分でも使えるようにしましょう。   動名詞とはtakeやgetと…

英語の文法:to不定詞の基礎、使い方

ここでは、to不定詞を学習していきます。スピーキングやライティングで頻繁に使われる文法なので、ここで理論をしっかりと理解しましょう。   to不定詞とは、「to+動詞の原型」の形を指します。動詞の原型とは、ge…

英語の文法:(want、etc)+to不定詞、助動詞

ここでは、日常英会話でよく使われる「動詞+to+動詞の原型」のフレーズと、簡単な助動詞(can, must)を解説していきます。「to+動詞の原型」は、to不定詞とも呼ばれます。動詞の原型とは、likesやwantsのよ…

英語の文法:過去形(was, were, did)

過去の事柄を話すときに使われる時制を、過去形と言います。一方、現在の事柄について述べる時制を現在形といいます。ここでは、過去形の文章の作り方について解説していきます。 be動詞の過去形 be動詞の過去形を、以下のリストに…