独り同時通訳

独り同時通訳

独り同時通訳:教室の情景描写   独り同時通訳:1日の出来事   独り同時通訳:風の日に木登りは危険   独り同時通訳:昨日の出来事についての対話   独り同時通訳:お互いの自己紹…

独り同時通訳:今は亡き友人

 Question ①昨夜7時、私の友人の一人であるリョウがガンで亡くなりました。②こんなに若いのに亡くなってしまったことに私はとても驚き、言葉が見つかりませんでした。③私は彼のことがとても好きでした。④私が好きだったの…

独り同時通訳:産業革命での恐ろしさ

 Question ①1840年代、ある工場に400人もの労働者が働いていました。彼らの多くは13歳以下の子供で、10歳以下の子供もいました。②仕事はとてもきつく、単調なものでした。③工場から排出されるガスは彼らの健康を…

独り同時通訳:彼女が健康でいられる理由

 Question ①彼女はとてもエネルギッシュな女性でした。②彼女が14歳のときにはスケートボードを始め、20歳のときには地域のボランティアに参加をしていました。③1983年3月23日に愛知県で生まれ、彼女はそこから一…

独り同時通訳:ラブストーリー

 Question ①ある夜、私たちは共通の友人を通して出会いました。②彼はバイクに乗ってピザの配達をする仕事をしていました。③パーティーで、彼はダンスフロアにいました。私は彼のダンスにとても驚いたので、彼から目を離すこ…

独り同時通訳:友人について

 Question ①約20年前、私は友人であるシンと知り合いました。そのとき、私は京都に住んでいました。②私は通訳者として働いていて、彼は人材紹介会社で仕事をしていました。③私たちはパーティーで知り合い、会話をしました…

独り同時通訳:本を薦める

 Question ① A:脇にはさんでいるその本は何ですか? ② B:昨日池袋の本屋で買った本です。面白いですよ。 ③ A:誰が書いたのですか? ④ B:イギリスの有名な女性作家です。とても人気のあるファンタジー小説で…

独り同時通訳:朝食の由来

 Question ① A:今日は朝食を食べましたか。 ② B:いいえ、食べませんでした。 ③ A:え、食べなかったのですか? ④ B:遅くに起きて、朝食を食べる時間がなかったのです。 ⑤ A:朝食を食べないと1日に必要…

独り同時通訳:旅行は好き?

 Question ①あなたは海外旅行が好きですか。②何人かは「はい、好きです」と言います。「いいえ、好きではありません」という言う人もいるでしょう。③私は海外旅行が大好きです。④これまで、たくさんの国に行ったことがあり…

独り同時通訳:歴史上の有名な人物

 Question ①彼は日本の歴史の中で最も有名な男性のうちの一人です。②彼は日本の発展において、重要な役割を担っていました。③彼はいつも、どうすれば人々の生活をより良くすることができるかを考えていました。④彼の名は日…

独り同時通訳:英語の勉強方法

 Question ①シュウは英語の勉強に興味を持つようになりました。②彼は英語を話せる友達のうちの一人に、どうやって勉強をすべきか聞いてみました。③彼は言いました、「一番重要なのは、毎日英語の文章を何度も何度も音読する…

独り同時通訳:お互いの自己紹介

 Question A: ①こんにちは、私はユカです。 名前は何ですか? B: ②私の名前はサムです。どこに住んでいますか? A: ③佐藤さんの隣に住んでいます。(あなたは)練馬に住んでいますか? B: ④いいえ、私は板…

独り同時通訳:風の日に木登りは危険

 Question ①タカシは家の近くにある高い木に登ることが好きでした。 ②ある日曜日の朝、彼のお母さんは言いました。「今日の午後はあの高い木に登っちゃだめだからね」 ③しかし、タカシはその木に登りました。 ④そして、…

独り同時通訳:1日の出来事

 Question ①朝、彼女は家族と教会へ行きました。②そのあと、いとこである太郎に会いに行きました。③彼女のおじは農場を所有しています。④彼女はそれがとても好きです。⑤農場にはたくさんの牛と豚がいました。⑥彼女とおじ…

独り同時通訳:昨日の出来事についての会話

 Question A: ①昨日はどこに行ったの? B: ②友達(何人か)と街に行ってきたよ。 A: ③そこで何を見たの? B: ④サーカスを見たよ。 A: ⑤楽しかった? B: ⑥うん、とても気に入ったよ。 A: ⑦何…

独り同時通訳:教室の情景描写

 Question ①達也と彼のクラスメートは英語の勉強をしています。②彼らの先生の名前はスミスです。③彼はとても良い先生です。④教室には約30台の机と椅子があります。⑤先生の机はドアの近くです。⑥生徒全員が、スミス先生…