英語の文法:名詞節(同格)の作り方

ここでは、同格の名詞節について学習していきます。ある名詞を説明するときに、that節や疑問詞(what, why, howなど)を使ってその語を説明する用法を同格と呼びます。名詞節とは、主語と述語からなる名詞の役割を果たす文章を指します。日常会話でも頻繁に使われますので、しっかりと練習をして使えるようになりましょう。

 同格のthat節

that節とは、以下の下線部のことを指します。

彼が交通事故で亡くなったという知らせ
The news that he was killed in a traffic accident
このように、that節が「どのようなnewsなのか」を説明しています。

この計画を実行するという意見に私は賛成だ。
I agree with the opinion that we will carry out this plan.

同格のthat節をとれる名詞は決まっており、辞書を調べればそれが載っています。全ての名詞の後ろにthat節を取れるわけではないので、注意してください。

 同格の疑問詞

名詞によっては、後ろにwhen, why, whatなどの疑問詞を付けることができます。これも語法で決まっていますので、辞書で確認する必要があります。それでは、例文を見てみましょう。

彼女は手術を受けるべきかどうかという問題
the question (about) whether she should get an operation or not.

that節と違い、whetherなどの疑問詞は前置詞の後ろに持ってくることも可能です。

彼がどこへ行くかに興味がある。
I am interested in where he will go.

※この文章は特定の名詞を説明しているわけではないので、同格ではありません。

7日間の無料動画レッスンを授けます

TOEIC頻出単語集を無料でプレゼント!





本書では、TOEICで500点〜800点を目指す方のための単語を集めました。

また、ただ単語を覚えるだけではなく、それを会話でいつでも使えるように語法、コロケーション単位でまとめてあります。

ぜひこのEbookを使い、あなたの英語力をワンランク上げていきましょう。



正しい辞書の使い方知ってますか?

デーブ・スペクターさんも絶賛!書籍も好評発売中!

生徒様から『お喜びの声』を頂いてます