英語の文法:関係代名詞(二重限定・挿入節)

ここでは、関係代名詞の二重限定と挿入節について学習していきます。最初はなかなか使いずらい用法ですが、何度も練習をして会話や文章などで使えるようにしましょう。

 

 二重限定用法
二重限定用法とは、2つの制限用法の関係代名詞が、接続詞を伴わないで同じ先行詞を修飾することを指します。最初の関係代名詞は省略されることが多いです。例文を見てみましょう。

 

彼は私が知っているなかで唯一この試験に合格した人です。
He is the only person (that) I know who passed this exam.

これは、「私は色んな人を知っているが、その中でも彼が唯一合格した人である」という意味になります。では、次の文章だとどういう意味になるでしょう。

 

He is the only person (that) I know and who passed this exam.

これはandである等位接続詞によって結ばれているので、意味が少し異なります。「私の知り合いは彼だけであり、そしてその彼がこの試験に合格した」という意味になります。

 

 関係代名詞+挿入節
関係代名詞の後ろに、I thinkやit is saidなどが挿入される場合があります。限定用法の場合は関係代名詞を省略することができます。例文を見てみましょう。

 

戦争で死亡したと思われる男性に会った。
I saw a man (who) I thought had been killed in the war.

 

彼は、私の記憶では2週間前にどこがで会った男だ。
He is a man (who) I remembered I saw somewhere two weeks ago.

TOEIC頻出単語集を無料でプレゼント!




本書では、TOEICで500点〜800点を目指す方のための単語を集めました。

また、ただ単語を覚えるだけではなく、それを会話でいつでも使えるように語法、コロケーション単位でまとめてあります。

ぜひこのEbookを使い、あなたの英語力をワンランク上げていきましょう。




英語学習に必要な本物のノウハウを無料メルマガにて授けます
無料メルマガ登録ページへ

詳細はこちら

紀伊国屋新宿本店で週間ランキング1位!書籍も好評発売中!

生徒様から『お喜びの声』を頂いてます


Twitterで英語ワンポイントアドバイスを提供しています