英語の文法:仮定法(It is time, as if)

ここでは、仮定法のIt is time構文と、as if (= though)の構文について学習していきます。どちらとも仮定法ですので、時制が過去に1つずれるということを意識しながら文章を作りましょう。

It is (about , high) timeの構文

この構文は、「もう~する時間だ」という意味になります。time以下には再び文章が入りますが、仮定法の用法なので時制が過去に1つずれます。about timeとすると「そろそろ」となり、high timeとすると「もう~してもいいころだ」という意味になります。例文を見てみましょう。

もう起きる時間だ。
It is time I got up. 

そろそろ帰る時間だ。
It’s about time I was going home.

be動詞はwereでも構いませんが、今はwasもよく使われます。

もう彼らが決定を下してもいいころだ。
It’s high time they made a decision.

この構文は、It is time to doに言い換えることも可能です。その場合、時制をずらさなくてもよいので文書を作るのが比較的簡単です。

寝る時間ですよ。
It’s time to go to bed.

It is time+主語+過去形(過去完了形)とIt is time to doの違い

It is timeのあとに仮定法を使う場合、話者は「そろそろ~してもいい頃なのに」と思っています。そのため、現実はその事柄が起こっていないので仮定法を使います。一方It is time to doは、話者は上記のようなことを思っていなく、ただ単に「そろそろ~する時間だ」と言うときに使われます。以下の例文で比較してください。

さぁ、寝る時間だよ。
It is time to go to bed. 

寝る時間だぞ(そろそろ寝る時間なのにまだ起きているのか)。
It is (about) time you went to bed.

as if (= though)の構文

この構文は、「あたかも(まるで)~のように」という意味になります。例文を確認してみましょう。

彼はまるで何も知らないかのようなふりをする。
He pretends as if (= though) he didn’t know anything. 

彼はまるで何も知らなかったかのようなふりをした。
He pretended as if (= though) he hadn’t known anything.

私はまるで夢を見ているように感じている。
I feel as if I were (= was) dreamng.

会話では、wasの方が使われます。

日常会話ではas ifの代わりにlikeを使う

as ifは「あたかも~であるかのように」という意味になり、うしろには仮定法がきます。しかし、慣れないうちは仮定法は使いずらいので、これを避けるためにlikeを使うとよいでしょう。likeを使えば仮定法を使わなくて済むので、時制を過去に1つずらすという手間がはぶけます。ただし、フォーマルな場面ではなるべくas ifを使ったほうが無難です。

彼はその分野についてなんでも知っているかのように話す。
He talks as if he knew everything about the field.
= He talks like he knows everything about the field.

EMC7期生募集開始!




TOEIC頻出英単語集をプレゼント!

本書では、TOEICで500点〜800点を目指す方のための単語を集めました。

また、ただ単語を覚えるだけではなく、それを会話でいつでも使えるように語法、コロケーション単位でまとめてあります。

ぜひこのEbookを使い、あなたの英語力をワンランク上げていきましょう。




英語学習に必要な本物のノウハウを無料メルマガにて授けます
無料メルマガ登録ページへ

詳細はこちら

紀伊国屋新宿本店で週間ランキング1位!書籍も好評発売中!

生徒様から『お喜びの声』を頂いてます

Twitterで英語ワンポイントアドバイスを提供しています