仮定法・話法・否定・比較級

英語の仮定法・話法・否定・比較級

 比較級の作り方 英語の文法:比較級(同等(原級)比較の作り方) 英語の文法:比較級(優劣比較と劣勢比較の作り方) 英語の文法:比較級(最上級の作り方) 英語の文法:比較級(倍数表現、ラテン語の派生、強調) 英語の文法:…

英語の仮定法現在の用法・使われるシチュエーションを知る

仮定法現在は、最近ではあまり見ることの少ない文法です。そのため、これが使われるときは慣用表現としてか、法律の文章などの場合が多いです。ここでは、仮定法現在の作り方について解説をしていきます。 なお、この文法の基礎として、…

英語の文法:二重否定、否定の慣用表現

ここでは、二重否定と否定の慣用表現について学習していきます。英語の二重否定は日本人にとって作りにくい文章のため、ここで理屈をしっかりと学習するようにしましょう。 二重否定とは何か 二重否定とは「~しない物(人)はない」と…

英語の文法:難しい比較慣用表現 英語スピーキング

ここでは代表的な比較級の慣用表現を学習します。どの表現も硬い表現で、文法的にもやや難解です。そのため、スピーキングでは非常に使いづらいです。 このようなことを踏まえ、日本人にとって発想しやすい英語表現を解説していきます。…

英語の文法:if節の代用、条件節や帰結節の省略、仮定法構文

仮定法は、実際に実現しなかった現在や過去のこと、または未来において実現する可能性が低い場合に使われる表現方法です。時制の扱いが特殊であり、1つ過去にずらすという操作を行わなければいけません。日本語には時制という概念がない…

英語の文法:仮定法(It is time, as if)

ここでは、仮定法のIt is time構文と、as if (= though)の構文について学習していきます。どちらとも仮定法ですので、時制が過去に1つずれるということを意識しながら文章を作りましょう。 It is (a…

未来を表す仮定法とwish

ここでは、未来を表す仮定法と、wishを使った仮定法構文について学習していきます。会話でもよく使われる表現ですので、しっかりと音読して使いこなせるようになりましょう。 were toを使った仮定法 これは、何かを実現する…

英語の文法:直接話法と間接話法の使い分け

ここでは、直接話法と間接話法について学習していきます。会話で頻繁に使われる文法ですが、慣れないといい間違いを起こしやすいです。まずは理屈をしっかりと理解し、何度も音読して体に叩き込んでいきましょう。 直接話法と間接話法の…

英語の文法:全体否定と部分否定

ここでは、全体否定と部分否定、そして否定の慣用表現について解説していきます。全体否定と部分否定は使い間違える学習者が多いので、ここでしっかりと学んでいきましょう。 全体否定と部分否定 「(全く)~ではない」のように、文章…

英語の否定の基礎(none, hardly, scarcely, seldom, rarely)

ここでは、否定について学習していきます。日本人にとって、この文法は馴染みにくい表現です。 例えば、noneは「何も / 誰も~ない」という否定の意味を含んだ単語です。最初のうちは「None of the books is…

仮定法の過去・過去完了と混合型の基礎

ここでは、仮定法の基礎を学習していきます。仮定法は英文法の中でも日本人にとっては使いにくい文法と言われています。何度も音読をして、口からスラスラと出せるようになるまで練習しましょう。 仮定法とは 事実に反する事柄や、現在…

英語の文法:比較級(言い換え、慣用表現)

ここでは、比較級の言い換え表現と慣用表現について学習していきます。スピーキングで使われる表現ですので、何度も音読して暗記しましょう。    比較級の言い換え表現 比較級にはasを使うもの、thanを使うもの、そ…

英語の文法:比較級(倍数表現、ラテン語の派生、強調)

ここでは、比較級をさらに使いこなすための学習をしていきます。 単数名詞の目的語が入る比較級 単数形の名詞を比較級の形容詞と一緒に使う場合は、冠詞の位置に気を付けなければなりません。例文を見て見ましょう。 通常、「面白い本…

英語の文法:比較級(-est 最上級の作り方)

ここでは、最上級について学習していきます。「~の中で一番……だ」という表現は、最上級を使って表すことができます。 形容詞・副詞の規則変化、不規則変化 形容詞や副詞の規則変化に関しては、erの部分をestに変えます。下記で…

英語の文法:比較級(-er 優劣比較と劣勢比較の作り方)

ここでは、優劣比較と劣勢比較の作り方を解説していきます。優劣比較とは、「AはBよりも……だ」であり、劣勢比較とは「AはBほど……でない」という文章となります。 形容詞・副詞の規則変化 優劣(劣勢)比較を使う場合、形容詞や…

英語の文法:比較級(as~as同等(原級)比較の作り方)

ここでは、比較級の作り方を学習していきます。比較級は、スピーキングやライティングにおいて正確に使いこなせる日本人は少ないです。原因は文法を正しく理解していないからです。 ネイティブや映画などから覚えた比較表現を、文法を理…