so that構文とsuch that構文の違い、使い分け

such that構文とso thatは、2つとも意味は同じです。ただ、文法上の違いが存在します。これを理解していないと、正確な文章を作ることができません。ここでは、この2つの構文の使い方を解説していきます。会話でも使われる文法なので、しっかりと使いこなせるようになりましょう。

 

so thatの使い方と類似表現に関しての詳しい解説は下記ページで学習をしてください。

 

 so that構文とsuch that構文の違い

この2つの構文は、どちらとも「程度」を表すことができます。そのため、一般的な訳は「とても~なので……」となります。ただ、これだけでは正確に使いこなすことができません。

 

この2つの構文を操るポイントは、soとsuchのうしろにそれぞれ何の品詞がくるかを知る必要があります。soのうしろには形容詞や副詞が置かれ、suchのうしろには形容詞と名詞がくるということを覚えておきましょう。。ただし、so thatは形容詞や副詞単体でも使えますが、such thatでは必ず形容詞+名詞の組み合わせとなります。それでは、例文を見てみましょう。

 

例文

彼はとても背が高いので、棚の上の箱に手が届く。
He is so tall that he can reach the box on the shelf. 
(soのうしろに形容詞tall)

 

彼はとても勉強熱心なので、皆が彼のことを尊敬している。
He studies so hard that everyone respects him.
 (soのうしろは副詞hard)

 

This is sucha good car that everyone will want it. 
(suchのうしろには形容詞+名詞のsuch a car)

 

ちなみに、3つ目の文章でもso that構文を使うことは可能です。ただ、その場合冠詞の位置が変わり、so+形容詞+冠詞+名詞となることに注意してください

 

例文

これはとても良い車なので、皆が欲しがるだろう。
This is so good a car that everyone will want it.

 まとめ

以上がso that構文とsuch that構文の使い分けです。これら2つは訳が同じですが、使い方が微妙に違うことがお分かりいただけたかと思います。英語上級者を目指していくのであれば、このような細かいところまで正確に理解して、使いこなせるようになりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です