Day 4

スピーキングを極める方法は、音読と暗記、そして独り同時通訳です。これをやるだけで、ネイティブと話さなくても、英文添削を受けなくてもあなたの英語力を無限に伸ばすことができます。

今回の動画ではこれらの具体的な学習法についてお話をしています。

 動画講義に関する質問はありますか?

今回の動画講義に関して疑問点がある方は、LINE@から講師の宮本に直接質問をすることができます。以下のボタンより友達追加をして頂き、ご質問ください。

また、LINE@では特典としてネイティブがよく使う表現などを日々配信していきます。

文法を知識レベルから会話で使えるレベルにしましょう

宮本です。

文法を知識レベルでどんなに完璧にしても、それだけではスピーキング力はつきません。例文を実際に口に出して音読する必要があります。これをすれば、口がだんだんと英語の文章を覚えていきます。そして、最終的には例文を暗記してしまいましょう。

ここまで来れば、次はアウトプットの練習となります。つまり、先ほど音読した例文などを使って、自分のことや身の回りのことについて英語で話す練習です。

私はこれを「独り同時通訳」と呼んでいます。

自分のことや身の回りのことを英語で独りで話す

私達が英語を話すとき、まずは頭の中で言いたいことをイメージします。英語力が低いときは、英語の前にまずは日本語が頭に思い浮かぶはずです。その日本語を瞬間的に英語に変換して口から出すというプロセスを踏みます。このように、頭で思いついた日本語を自分で英語に直しているので「独り同時通訳」と名付けました。

もちろん、最終的には「英語を英語で考える」ことが理想です。例えばGood morningやHow are you?くらいであれば、わざわざ日本語を考えてから英語に変換するということはしないと思います。これを長い文章などでもできればかなりの英語上級者です。

ネイティブと話すよりも独り同時通訳のほうが効果が高い

この練習方法は、実はネイティブと話すより効果が高いです。一人であれば自分のペースで英文を作ることができ、分からない表現はその場でじっくりと辞書を使って調べることで正しい英文を作ることができるからです。

例えば「頭の中では表現したいことを日本語では思いついているが、それを英語でなんと言えば分からない」という経験をした人は多いと思います。ただ、会話ではネイティブが目の前にいる以上なんとかして自分の言いたいことを伝えなければいけません。

そして文法的にブロークンな英文を作ってしまいます。ただ、それでもネイティブは前後の文脈から理解してくれることが多いです。そしてどんどん次の会話へ進んでいきます。

この状況は、会話は成立しているのですが自分の英語がブロークンなまま進んでいるので、正しい英文が身についていないのです。これが、ネイティブといくら会話しても英語力が上がらない理由です。

そのため、独り同時通訳をすることで正確な英文を1文1文着実に作っていくことがスピーキング力の効果的な上達法なのです。

英語をスラスラ話せるようになるのはかなり時間がかかります

私の学習法を聞いて、かなりやる気が失せてしまった方もいるかと思います。また、途中で挫折して「もっと楽な方法はないか」と色々な本を読みあさる人もいます。ただ、そういった人は、結局ノウハウだけを身につけて肝心の英語力が上がっていないという人も多くいます。

もう一度繰り返しますが、語学学習の原則は、練習と暗記しかありません。これを心得た上で、日々の音読をコツコツと行ってください。そうすれば、必ず英語は話せるようになります。

音読で覚えた例文は、独り同時通訳で使ってみてください。何度も使っていれば、だんだんと流暢性も上がってきます。そこまでくれば、ネイティブと話すこともそれほど難しく感じないです。