あなたは本当に正しい辞書の使い方を知っていますか?

英語学習において、英和・和英辞書なしで英語をマスターすることはできません。

ただ、辞書をどのようにして最大限に活用するかを知らない方がほとんどです。中学・高校で辞書を使うことはありますが、英文を読んでいるときにわからない英単語に出会ったら英和辞書を引いて訳を調べるだけで終わってしまうことがほとんどです。

反対に、多くの人は英作文をするときに英語で何と言えばよいか分からない日本語を和英辞書で引き、そこから何候補かあるうちの英単語から1つを選んで英文を作るかと思います。しかし、これだけをやってしまうと不自然な英文が出来上がってしまう可能性が高いです。

例えば以下の日本文を英訳したいとします。

「医者は私にその薬を飲むように勧めた」

これを英作文するとき、仮にあなたが「飲む」と「勧める」に対する英単語が分からないとします。和英辞書を引くと、「飲む」はdrink、「勧める」はsuggestを使うことがわかりました。そこで、自分の持ち前の文法力を活かして以下のように英文を作ったとします。

The doctor suggested to drink the medicine to me.

この英文は文法的には正しいのできれいな文章に見えます。ただ、実はネイティブからすると不自然に聞こえてしまいます。まず「薬を飲む」はtake a medicineという決まった言い方があるため、drink a medicineとは言えません。

また、「〜することを勧める」と言いたい場合、suggest to drinkのように後ろにto不定詞をつなげることはできません。これはsuggestを使うときのルールである語法というもので決まっており、後ろはthat節または動名詞(動詞のing形)でつなげるというルールがあります。そのため、正解は以下のようになります。

The doctor suggested to me that I should take the medicine.

このように、正しい辞書の使い方を分かっていないと文法的には正しいが不自然な英文が完成してしまいます。

「自分の作った英文がどうしても日本語英語のようになってしまう」と悩んでいる方は、多くの場合この辞書の使い方をマスターすれば、ネイティブのような正しい英文を作ることが可能となります。

なぜ正しい辞書の使い方を知る必要があるのか?

私は普段からインターネットを見たり書店に行ったりして最新の英語教材を常にチェックしています。それに加え、新しく発売された辞書なども見ています。

ただ、昔から疑問に思っていたのですがなぜか辞書の使い方をしっかりと説明している参考書が見つからないのです。

上で紹介したように、正しい辞書の使い方を知らないと自力で英文を作ることができません。仮に英作文したとしても、ネイティブにとって不自然に聞こえる文章を作ってしまいがちです。

そのため、私たち英語学習者は英作文をする以前に、正しい辞書の使い方を知る必要があります。これを知らないといつまでもブロークン英語から抜け出すことができません。

そこで、通訳者や翻訳者といったプロが英訳をするときの辞書の使い方を英語学習者の皆さんにも知ってもらいたいと思い、私が辞書の使い方をまとめたテキストを作成しました。

この教材を読めば、なたは独学でも正しい英文を作れるようになります。

この教材を読むことであなたが得られること

当教材で正しい辞書の使い方を学ぶと、あなたはネイティブの添削を受けずに正しい英文を作れます。つまり、ネイティブにとっても自然な表現を独学で学べるということです。

そのため、毎回英作文をするたびにネイティブの添削を受ける必要がありません。添削依頼をしたことがある方ならわかると思いますが、英文添削は意外とお金がかかります。料金相場は1単語につきだいたい2,3円です。

これを考えると、毎回英文添削の依頼をするとコストがかなり高くなってしまうことが想像できると思います。

そのため、一度正しい辞書の使い方をマスターすればかなり安く英語を身につけることが可能です。

教材の目次

今回の教材は以下のような構成となっています。

Chapter 1 はじめに

  • 英和・和英辞書を使いこなせていますか?
  • 語法とコロケーション
  • コロケーションとは
  • 品詞別のコロケーション
  • 正しい辞書の選び方

Chapter 2 英和・和英辞書、英辞郎の使い方

  • 英和辞書の使い方
  • 和英辞書の使い方
  • 英辞郎の使い方
  • 表現を調べるときに辞書を使う順番

Chapter 3 実践!英作文練習

  • 例題
  • さいごに

当教材の一部を立ち読み

辞書の選び方

それでは、具体的な辞書の選び方について説明をしていきます。正しい英文を作れるようになるためには辞書が必須ですが、多くの方が辞書選びを間違えています。そこで、辞書を選ぶための4つのポイントを以下に挙げますので、これらを基準にして辞書を購入するようにしましょう。

  • 各単語の語法やコロケーションが詳細に説明されているか
  • 例文が豊富に用意されているか
  • 発行年が新しいか
  • 持ち運びが便利か

それでは1つずつ説明していきます。

各単語の語法やコロケーションが詳細に説明されているか

語法については前述したとおり、英単語を知っているだけでは会話で使えるようになりません。そのあとに前置詞を置けるのかや、to不定詞を置けるのかまでをセットで暗記をする必要があります。そのため、これらの説明が詳しくのっている英和・和英辞書を選ぶ必要があります。

そこで私がオススメするのは受験生などが使う学習辞典です。会話でよく使われる基本的な単語には、かなり詳細に語法の説明が載っています。日常英会話だけでなく、ビジネス英語でも使われる単語の8割は基本単語であるため、学習辞書が1冊あれば英語上級者の方でも十分使えます。

ちなみに、辞書には大辞典というものがありますが、これはあまりオススメしません。理由は単に、語法の説明がない場合が多いからです。大辞典は収録語彙が多いのが魅力であるため、翻訳者などが和訳を参考にするために使う場合によく使われます。

そのため、最初から大辞典を購入することは避けましょう。

英和辞書の使い方

英単語を辞書で引く際は、品詞(名詞や動詞など)ごとに調べるものが異なる場合があります。そこで、どの品詞でも共通して調べること、品詞ごとに調べることについて順番に解説をしていきます。品詞は名詞、動詞、形容詞、副詞の調べ方について解説しています。

どの品詞でも共通して調べること

以下に調べる項目を挙げます。

  • 発音記号、アクセント
  • 使用されるシチュエーション
  • 品詞記号

それでは順番に見ていきます。

発音記号、アクセント

英語は日本語発音でも通じる場合がよくあります。前後の文脈でネイティブは理解しようとすることも一つの理由です。ただ、中には英単語のスペルから予測できないような全く違った発音をするものも数多くあり、これを間違えるとネイティブに理解されうないことがあります。

たとえばindict「起訴する、告発する」が良い例です。これをスペル通りに読むと「インディクト」となりますが、実際の発音は「インダイト」となります。発音記号は ɪndάɪt です。

また、アクセントにも気をつけましょう。例えばappraiseのアクセントは、raに付きます。発音記号で見るとəpréɪzのように文字の上に右上に上がるコンマのようなものがあります。これがアクセントを付ける場所です。

購入者様の声を聞き、常に教材を進化させていきます

この教材には私が辞書の使い方について知っているノウハウをできるだけ詰め込みました。ただ、それでも読んでいて疑問が残る点やわからない点などが出てくると思います。

そのため、どんなささいなことでも良いので私にどんどん質問してください。頂いた質問をもとにコンテンツをさらに充実させていく予定です。

他にも、「もっと図を使って説明してほしい」や「動画や音声素材もつけてほしい」といった要望も遠慮なく言ってください。私は皆さんに辞書の使い方を完璧にマスターしてもらいたいので、今回の教材を一切の妥協なく作っていきたいと思っています。

教材の料金

さて料金ですが、今回私が教材内で暴露しているノウハウはプロが日頃使っているものであり、他の参考書などには載っていませんん。また、今後テキストは音声や動画といった追加コンテンツなどもつけてどんどん進化させていくつもりです。

ただ、当サイトの使命として「一人でも多くの真の国際人を育成したい」という私の想いがあります。そのため、多くの人に今回の教材を読んでもらいたいので、今回は7,980円(税込み)とします。

さらに、今回は発売記念ということと、これからどんどんコンテンツを改善していきたいということもあり、1ヶ月間はこの値段から約30%割引とした5,590円(税込み)で販売させていただきます。1ヶ月を過ぎると通常料金の7,980円(税込み)となりますので、お早めにご購入されることをオススメします。

教材名 独学で正しい英文を作るための英和・和英辞書の使い方
教材内容 Chapter 1 はじめに

  • 英和・和英辞書を使いこなせていますか?
  • 語法とコロケーション
  • コロケーションとは
  • 品詞別のコロケーション
  • 辞書の選び方

Chapter 2 英和・和英辞書、英辞郎の使い方

  • 英和辞書の使い方
  • 和英辞書の使い方
  • 英辞郎の使い方
  • 表現を調べるときに辞書を使う順番

Chapter 3 実践!英作文練習

  • 例題
  • さいごに
料金 7,980円 ⇢ 5,590円(3月まで)

※税込み価格

注意事項
  • 一度購入された商品の返金は一切出来かねますので予めご了承をお願い申し上げます。
  • 購入後、自動返信メールで送られるメンバーサイトURLのページより教材をダウンロードできます。
  • 商品の特性上、一度購入頂いたバージョンから予告なく内容の改変、削除、追記を行う場合がございます。あらかじめご承認の上ご購入をお願いします。
  • 購入したコンテンツの全部または一部の配布、オンライン上へのアップロードなど、その媒体を問わず、購入者ご本人様以外の第三者への提供は行えません。また利用用途は個人の英語学習目的と限定させていただいております。
  • 法人でご利用のお客様は一部を購入して社内用にコピー配布して利用することはできません。法人でお買い求めの場合は、当サイトのお問い合わせページよりご相談ください。

教材を購入された方限定で特典を3つご用意しています

特典1:辞書の使い方に関する質問を24時間受け付けています(質問回数無制限)

今回の教材はなるべく皆さんが理解しやすいようにわかりやすく説明したつもりですが、それでもわからない箇所が出てくることはあると思います。そのときはどんなささいなことでも構いませんので、いつでも質問してください。

もちろん、質問回数は無制限であり、期限もありません。たとえば教材を買って1年たった後に質問をして頂いてもお答えします。

※英語学習に関する相談は質問対象外であり、辞書の使い方に関する質問のみとさせていただきます。

特典2:購入されてから3ヶ月間は無料で英文添削をします

辞書の使い方を覚えたら実際に英文を作る練習をしますが、最初は「自分の作った英文が正しいのか」と疑問に思うことも多々あると思います。

そこで、購入されてから3ヶ月間は無料で英文を添削致します。講師が添削した英文を見て、なぜ間違っているのかをじっくりと考えてみてください。このプロセスを踏むことで徐々に正しい英文が作れるようになっていきます。

特典3:購入後、追加コンテンツは無料で閲覧できます

この教材はご購入されたお客様の質問や要望を聞き、常にアップデートしていきます。そのため、購入後もコンテンツをどんどん追加していきますが、すでに当教材を購入された方は新コンテンツを閲覧するための追加料金は発生しません。

コンテンツが新たに追加されましたら、購入者専用ページからいつでもダウンロード可能です。

よくある質問

Q.全くの初心者ですが大丈夫ですか?

A.問題ありません。当教材はこれから英語の勉強を始める方でもわかりやすいように作成してあります。むしろ、初心者だからこそ今のうちに正しい辞書の使い方を知り、英語をマスターするための近道をしましょう。

Q.オススメの辞書は何ですか?

A.こちらは教材内で宮本がオススメする英和、和英辞書をご紹介していますのでそちらをご購入ください。

Q.教材はダウンロードまたは印刷は可能でしょうか?

A.はい、可能でございます。購入者専用ページでPDFにてご用意しております。

Q.教材にどんどんコンテンツを追加していくとのことですが、そのときに追加料金は発生しますか?

A.すでに教材をご購入していただいている方は、追加料金をお支払いすることなく新しいコンテンツを閲覧可能ですのでご安心ください。

さいごに

英和・和英辞書を本当の意味で使いこなすことができれば、ネイティブから添削を受ける必要がありません。また、一人で正しいきれいな英文を作れるようになるので、無駄なお金をかけずに自力で英語力をどんどん伸ばすことができます。

この教材でしっかりと勉強をして頂き、英語を自由自在に操れるようになってください。

教材名 独学で正しい英文を作るための英和・和英辞書の使い方
教材内容 Chapter 1 はじめに

  • 英和・和英辞書を使いこなせていますか?
  • 語法とコロケーション
  • コロケーションとは
  • 品詞別のコロケーション
  • 辞書の選び方

Chapter 2 英和・和英辞書、英辞郎の使い方

  • 英和辞書の使い方
  • 和英辞書の使い方
  • 英辞郎の使い方
  • 表現を調べるときに辞書を使う順番

Chapter 3 実践!英作文練習

  • 例題
  • さいごに
料金 7,980円 ⇢ 5,590円(3月まで)

※税込み価格

注意事項
  • 一度購入された商品の返金は一切出来かねますので予めご了承をお願い申し上げます。
  • 購入後、自動返信メールで送られるメンバーサイトURLのページより教材をダウンロードできます。
  • 商品の特性上、一度購入頂いたバージョンから予告なく内容の改変、削除、追記を行う場合がございます。あらかじめご承認の上ご購入をお願いします。
  • 購入したコンテンツの全部または一部の配布、オンライン上へのアップロードなど、その媒体を問わず、購入者ご本人様以外の第三者への提供は行えません。また利用用途は個人の英語学習目的と限定させていただいております。
  • 法人でご利用のお客様は一部を購入して社内用にコピー配布して利用することはできません。法人でお買い求めの場合は、当サイトのお問い合わせページよりご相談ください。

お申込みフォーム

クレジットカード払い

銀行振込み

銀行振込ご希望の方は以下のフォームへご入力ください。

分からないこと、不安なことは何でもお聞きください

当教材についてご質問がある場合は、下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。