ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

ライター募集

「ネイティブ英語のススメ」は英語分野ではかなり大きいサイトに成長しており、いまでは月30万PV(2016年10月現在)までになっています。

 

ただ、私の知識や経験だけではカバーできない部分があります。そこで、より多くの人に有益な情報を提供するため、書き手(ライター)になっていただける方を募集しています。募集ジャンルとしては、英語学習や英語を使った転職に関わる分野になります。

 

私は当サイト以外にも他のサイト運営を行っているため、「ネイティブ英語のススメ」に載るとは限りませんが、どこかのサイトには必ず掲載されます。

 

 Q&A
 ・なぜ、ライターを募集しているのですか
世の中には素晴らしい知識をもっているにも関わらず、最大限にその知識を発揮できていない人があまりにも多いと感じたからです。

 

例えば、現在では世界各国に日本人留学生が大勢います。また日本がグローバル社会になるにつれ、今後の英語の必要性を感じて、子供に小さい頃から英語を勉強させる方も増えています。これを通して、さまざまな経験をされてきたかと思います。

 

それでは、上記で学んだ知識や実体験をインターネット上に公開すればどうでしょうか。同じ悩みをもっている多くの人を救うことになります。

 

実際、私が当サイトを開設した理由は「母国語がすでにできあがっている日本人の大人が、ネイティブと対等に英語で話し合えるようになる勉強法を世に広めたい」と思ったことがきっかけです。

 

マンツーマンで私のノウハウを伝えていってもよいですが、ネット上に公表すればよりたくさんの人たちを救えると思ったからこそ当サイトが生まれたのです。多くの人は勉強して知識を増やし、自分の周辺に活用して終わります。それは、かなりもったいないことです。

 

ただ、「自分の知識を多くの人に提供するための場」がないことも事実なので、自らの技能や知識を最大限に社会へ貢献する場所を提供するため、私の保有している媒体を踏み台にしてもらえばと思います。

 

 ・記事投稿はどのようにすればいいですか
実際の記事投稿は私が行います。ワードやテキストファイルをメールにて私のところへ送り、私が編集した後にインターネット上に記事が投稿されます。

 

記事の作り方は個人の趣味があらわれます。分かりやすい例でいうと、「です・ます調」と「だ・である調」などの違いです。ただ、同じサイトであるにも関わらず記事のテイストが違うと、読者が混乱してしまいます。これを避けるため、必ず編集作業がはいります。

 

また、ライター業を行ったことのない人が書く文章は、失礼を承知で申し上げますと私の経験上かなり修正が必要です。そこで、文章力を上げてもらうためにも私が添削を行います。

 

調べれば分かりますが、編集者やライター養成の学校で文章技術を習うと半年で5~10万円が必要です。これらの費用なしに、むしろお金をもらいながら執筆活動ができます。

 

 ・どのような記事を書けばいいですか
人によって得意分野があるため、私とヒアリングしたあとに書いてもらう分野を決定します。分野が決まった後、自分で内容を考えてもらうことがあれば、私から内容を指示することもあります。ただ、基本的には自分が経験したことや既に知っていることを記事にするだけです。

 

例えば、転職を経験のある人なら、これまで実践してきたことをありのままに記すだけで有益な記事になります。

 

 ・謝礼はどれくらいですか
1記事(最低2000文字以上)で3000円に設定しています。つまり、1文字1.5円の計算です。文字数が多くなった場合は、500文字ごとに750円を追加でお支払します。

 

現在のウェブライター業は価格の下落が激しく、1文字1円を切るのが当たり前の世界です。これに比べると、報酬はやや高めに設定しています。

 

ただ、単なる副業目的ではなく、「自分の知識を全世界に発信したい」という信念をもった人だけが応募するようにしてください。そうでなければ続かないからです。

 

 ・ノルマはありますか
特にノルマはありません。仕事などで忙しい場合は記事作成を休んでもらって問題ありません。ただ、1カ月間何も記事を作成していない場合、継続する意思があるかどうか確認いたします。

 

 ・人に伝えれるほど高度な知識をもっていないのですが
私は同時通訳まで英語を極めたのでさまざまなノウハウをもっていますが、別にそこまでの知識や経験のない方でもライターとして活躍できます。転職をした経験が全くない初心者を相手に記事を書けば、それだけでもかなり有用な情報となります。

 

例えば英語をある程度勉強してきた人であれば、これまで勉強してきたことや試したことをそのまま書けばいいです。英語を教えた経験が少しでもある人なら、どのように指導したかなどを記事にできるはずです。

 

専門知識があるから良いのではありません。自身が本気で悩み、調べて実践したことの方が重要です。これについては、専門家でも勝つことはできません。

 

 ・記事作成に当たり、注意点はありますか
ウェブサイトや書籍からのコピペだけは絶対に行わないでください。コピペによって著作権を侵害してしまった場合、当サイトは多大なる被害を受けることになります。

 

コピペが判明した場合、当然ですが記事は作成し直しになります。この世界はあまりにも簡単にコピペを行うことができますが、誰も得をしません。人間として当たり前ですが、他人の著作物を盗用するのはやめましょう。

 

ただ、コピペをしなければいいだけの話なので、そこまで深刻に考える必要はありません。もちろん、本の内容を「参考」にするのは問題ありません。他の人の知識を元にして、そこに自信の体験や考えを入れることでオリジナル記事へと仕上がります。

 

他には、以下のような注意点があります。

 

 ○ 虚偽の内容を記事にすることは禁止
 ○ 著作権物からの盗作・転用は一切禁止
 ○ 納品物の書作権は一切放棄していただく
 ○ 他社での納品された原稿を再度納品されるなどの行為は禁止

 

ライター業で記事投稿する場合は当たり前の内容ばかりですが、必ず厳守するようにお願いします。

 

 ・提出した記事を、自分のブログやサイトなどにコピペしてもよいですか
これも行わないようにしてください。また、文体を数箇所変えてご自身の媒体にアップすることもNGです。ただ、また1から文章を書き直してブログなどに載せるのは問題ありません。

 

 ・ライターとして応募したいのですが
ライター募集に興味をもち、ぜひとも応募したいという方は以下の「問い合わせフォーム」から入力してください。このときは、【ライター募集について】という一文を文頭に沿え、自己紹介と共にメッセージを送ってください。

 

また一緒に、「SkypeIDまたは電話番号」と「連絡希望日時」を第1,2,3希望までご記入ください。メッセージを確認後、スカイプや電話などによって私と直接話をした後に記事作成をお願いするようになります。

 

 → 問い合わせフォームへ

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ