ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

英語の文法:助動詞の使い方(need,shall,dare)

助動詞は、会話でも文章でも頻繁に使われる品詞です。一般動詞の前に置かれ、「可能(出来る)、意志(するつもりだ)、推量(だろう)」などを表すことができます。

 

ここでは、以下の助動詞を学習していきます。

 

used to doとwould
need
dare
shall
can
may

 

 used to doとwouldの用法
これは両方とも、「(過去において)よく~したものだった」という意味を表します。ただ、wouldはlikeやbe動詞などの状態動詞と一緒に使うことはできません。wouldはoftenとよく一緒に使われます。

 

私は昔彼女と公園によく行ったものだった。
I would often go to the park with her.

 

私はかつて看護師でした。
I used to be a nurse.

 

以前そこには大きな家がありました。
There used to be a big house there.

 
 needの用法 
 ・現在のことについて言及する場合
この用法はやや硬めで、おもにイギリスで使われます。

 

そのことについて話す必要はない。
You need not talk about it.
= You don't have to talk about it.

 

それをする必要がありますか?  はい、あります。 /  いいえ、必要ありません。
Need I do that?    Yes, you must. /  No, you need not.

 

 ・過去のことについて言及する場合
この用法には2種類あり、「didn't need (= have) to」と「need not have+過去分詞」です。それぞれのニュアンスの違いは以下の通りです。

 

私は会議に出席する必要がなかった(実際に参加したかどうかは不明)。
I didn't need (= have) to attend the meeting.

 

私は会議に出席する必要がなかったのに(実際は参加した)。
I need not have attended the meeting.

 
 dareの用法
「あえて~する」という意味です。助動詞でも使えますが、一般動詞としても使えます。その場合、後ろにto不定詞を置きます。

 

彼女はそれをあえてする。
She dare do that. (助動詞)
= She dares to do that. (一般動詞)

 

彼女はそれをあえてしない(する勇気がない)。
She dare not do that.
= She doesn't dare to do that.

 

彼女はそれをあえてした。
She dared do that.
= She dared to do that.

 

彼女はそれをあえてしなかった(する勇気がなかった)。
She dared not do that.
= She didn't dare to do that.

 

彼女はあえてそれをしますか?
Dare she do that?
= Does she dare to do that?

 

彼女はあえてそれをしたのですか?
Dared she do that?
= Did she dare to do that?

 

慣用表現で、「How dare you~?」を使うと、 「よくも図々しく~ができるものだな」という意味になります。

 

よく彼女にそんなことが言えるね。
How dare you tell her such a thing.

 
 shallの用法
shallは現在はあまり使われませんが、本や映画等ではたまに出てきますので、基本的な用法を覚えておきましょう。

 

 ・未来時制の用法

私は明日あなたの元へ参ります。
I shall come to you tomorrow.

 

 ・話し手の意思

私はあなたのことを絶対に許しません。
I shall never forgive you.

 

そんなに遅くなりません。
I shan't (= shall beの短縮) be late.

 

 ・主語が2人称・3人称の場合
この用法は、対等以上の人に使うと失礼な言い方になります。現在はあまり使われません。

 

このゴールドをあげよう。
You shall have this gold.
= I will give you this gold.

 

彼に連絡をさせます。
He shall call you.
= I will have him call you.

 

 

 canとmayの慣用表現 
 ・cannot help ~ing 「~せざるをえない」

 

私はそれを諦めざるをえなかった。
I couldn't help giving it up.

 
 ・cannot ~ too  「いくら~してもしすぎることはない。」

 

健康にいくら注意してもしすぎることはない。
You cannot be too careful about your health.

 

 ・may well 「~するのももっともだ」

 

彼がそれについて怒るのももっともだ。
He may well get angry about it.

 
 ・may as well  「(他に良い選択肢がないから)~したほうがいいだろう」

 

家に帰った方がよさそうだね。
We may as well go home.

 

 ・may as well ~ as 「……するくらいなら~したほうがましだ」

 

彼と一緒に住むくらいなら一人暮らしの方がましだ。
I may as well live alone as live with him.

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

関連ページ

英語の文法:一般動詞、他動詞と自動詞、肯定、否定、疑問文
英語の文法:句動詞の使い方
英語の文法:現在(過去)進行形
英語の文法:未来形
英語の文法:過去形(was, were, did)
英語の文法:現在完了形
英語の文法:過去完了形の使い方
英語の文法:未来完了形の使い方
英語の文法:時制の一致を受けない文
英語の文法:時制の一致の基本
英語の初級文法:(want、etc)+to不定詞、助動詞
英語の文法:動名詞の基礎、使い方
英語の文法:不定詞と動名詞の使い分け
英語の文法:to不定詞の基礎、使い方
英語の文法:不定詞(疑問詞+to不定詞、独立不定詞)
英語の文法:動名詞の慣用表現
英語の文法:不定詞(動詞+目的語+不定詞、形容詞的用法)
英語の文法:不定詞の副詞的用と構文
英語の文法:不定詞(意味上の主語、完了形、進行形など)
英語の文法:動名詞(意味上主語、時制、現在分詞の違い)
英語の文法:助動詞の基礎、使い方
英語の文法:助動詞の使い方(can, may, must等)
英語の文法:shouldの特殊用法
英語の文法:よく使う助動詞の使い分け方
イギリス英語の文法:助動詞
英語の文法:分詞(現在分詞と過去分詞、限定用法)
英語の文法:分詞構文の作り方
英語の文法:接続詞+分詞構文、独立分詞構文、付帯状況with
英語の文法:分詞構文で使う主格補語と目的補語の使い方