ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

英語の文法:よく使う助動詞の使い分け方

助動詞には様々なニュアンスがあり、これらを使いこなすにはかなりの練習が必要です。例えば、canは基本的には可能(できる)や許可(してもよい)というニュアンスがよく使われます。しかし他にも沢山のニュアンスがあり、推量(かもしれない)や可能性(ありうる)などがあります。

 

スピーキングで助動詞を使う場合、初めはどれを使うのか迷ってしまいます。そのため、なかなか文章をスムーズに作れないことが頻繁に起こります。

 

こういった解決法として、最初は「この日本語にはこの助動詞を使う」と決めておくとよいです。例えば、「~すべきだ」はshouldを使い、「しなければならない」にはhave toを使うといった具合です。

 

ought toやmustも同じような意味がありますが、使われる状況が少し違います。ただ、初めのうちはそこまで細かいところは気にせず、shouldやhave toだけを使っても十分相手には通じますので問題はありません。慣れてきたら、徐々にought toやmustが適している場面で、なるべくそれらの助動詞を使っていくように心がけていきます。

 

それでは、以下に各助動詞のスピーキング使うときのポイントを説明します。

 

 canとbe able to
この2つはどちらとも「できる」という可能を表します。しかし、全く同じ意味ではありません。一般的に、canは既に備わった能力を使って「できる」という意味です。一方、be able toは一時的な能力や状況から判断して、「できる」という意味になります。

 

私は泳げます。
I can swim.

 

彼は今日会議に参加できます。
He is able to attend the meeitng today.

 

実際の会話では、2文目の例はcanを使っても表すことができます。

 

He can attend the meeting today.

 

canでも意味が通じるので、「できる」に関してはcanで統一をした方がスムーズに文章を作ることが可能です。

 

しかしながら例外もあります。未来形、現在完了、過去完了、未来完了、不定詞、動名詞、分詞構文、他の助動詞との併用に関してはcanを使えず、be able to を使います。

 

彼はまだ宿題を終わらせられないでいる。
He hasn't been able to finish his homework.

 

明日は彼女に会えるだろう。
I will be able to see her tomorrow.

 

明日彼女に会えるので、彼は幸せそうだ。
Being able to see her tomorrow, he looks happy.

 

明日彼女にあえるので、彼はワクワクした。
Being able to see her tomorrow made him excited.
= To be able to see her tomorrow made him excited.

 

明日彼女に会えるかもしれない。
I might be able to see her tomorrow.

 

やや高度ですが、「過去においての可能」を表す場合、couldを使うと仮定法の意味にとられる可能性があります。

 

私は彼女を説得することが出来た。
I could persuade her.

 

この場合だと、「私なら彼女を説得することができるだろうに」という仮定の意味にもとれます。こういった誤解を避けるために、was able toを使うとよいでしょう。

 

 shouldとought to
これらは2つとも「~すべきだ」という意味になります。用法もほぼ同じですので、私たち日本人が使う場合は比較的会話でよく使われるshouldを使えば良いでしょう。

 

 mayとmight
これらはどちらとも「~かもしれない」という可能性を表します。どちらとも会話でよく使われますので、好きな方を使えば問題ないでしょう。ただ細かいことを言えば、mightのほうは可能性がより低い場合に使われます。

 

 used toとwould
どちらとも「(昔)~したものだ」という意味になります。現在はどちらともほぼ同じニュアンスで使われますので、好きな方を使えば問題ないでしょう。ただ、wouldはよくwould oftenと共につかわれますので、「(昔)よく~したものだ」と言う場合はこちらを使うとよいでしょう。

 

 needとneed to
どちらとも「~する必要がある」という意味になります。意味はどちらとも同じですが、need toの方が会話でよく使われます。ただ、「~する必要がなかったのに(現実は~をしてしまった)」というニュアンスを表す場合は、need not have+過去分詞が使われます。

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

関連ページ

英語の文法:一般動詞、他動詞と自動詞、肯定、否定、疑問文
英語の文法:句動詞の使い方
英語の文法:現在(過去)進行形
英語の文法:未来形
英語の文法:過去形(was, were, did)
英語の文法:現在完了形
英語の文法:過去完了形の使い方
英語の文法:未来完了形の使い方
英語の文法:時制の一致を受けない文
英語の文法:時制の一致の基本
英語の初級文法:(want、etc)+to不定詞、助動詞
英語の文法:動名詞の基礎、使い方
英語の文法:不定詞と動名詞の使い分け
英語の文法:to不定詞の基礎、使い方
英語の文法:不定詞(疑問詞+to不定詞、独立不定詞)
英語の文法:動名詞の慣用表現
英語の文法:不定詞(動詞+目的語+不定詞、形容詞的用法)
英語の文法:不定詞の副詞的用と構文
英語の文法:不定詞(意味上の主語、完了形、進行形など)
英語の文法:動名詞(意味上主語、時制、現在分詞の違い)
英語の文法:助動詞の基礎、使い方
英語の文法:助動詞の使い方(can, may, must等)
英語の文法:助動詞の使い方(need,shall,dare)
英語の文法:shouldの特殊用法
イギリス英語の文法:助動詞
英語の文法:分詞(現在分詞と過去分詞、限定用法)
英語の文法:分詞構文の作り方
英語の文法:接続詞+分詞構文、独立分詞構文、付帯状況with
英語の文法:分詞構文で使う主格補語と目的補語の使い方