英語の文法:分詞構文で使う主格補語と目的補語の使い方

ここでは、主格補語や目的格補語に相当する語句を見ていきます。基本的には文型とは違い、少し特殊な形となる文体ですので、ここでしっかりと文章構成を理解してください。

 

 主格補語と目的格補語とは
本題に入る前に、まずは主格補語と目的格補語の違いについて解説をしていきます。

 

 ・主格補語
主格補語とは、主語+動詞+補語(SVC)である第2文型のC(補語)にあたります。第2文型はSVだけだと文章が成り立たないため、後ろには必ずCが必要です。

 

たとえば、He is.だけだと「彼は~だ」となり、文章が成り立ちません。そのため、He is a doctorというようにCを付け加えることによってはじめて文章が成り立ちます。この、Sである(He)を説明するCを専門的に言うと主格補語となります。

 

彼は医者だ。
He is a doctor.

 ・目的格補語
目的格補語とは、主語+動詞+目的語+補語(SVOC)である第5文型のCを指します。第5文型の特徴として、OとCの間に主語+述語関係が成り立つということがあります。そのため、このCはOを修飾しており、これを目的格補語と呼びます。例文を見てみましょう。

 

私は彼のことをトムと呼んでいる。
I call him Tom.

ここでは、himとTomの間に主語+述語関係が成立し、He is Tomとなります。このTomがOであるhimを修飾しているので、Tomは目的格補語となります。

 

 主格補語に相当する語句
基本を理解できたところで、次の下の文章を見てください。

 

彼は若くして死んだ。
He died young.

この文章の文型を見ていくと、He diedがSVであり、第1文型であることが分かります。つまり、本来はyoungは必要ありません。ただ、ここではyoungがCとして働き、SであるHeを説明しています。こういった理由で、このyoungは主格補語となります。

 

この文章の理解の仕方ですが、「youngの前にbeingが省略されている」と考えるとわかりやすいかもしれません。そうすると、以下のようになります。

 

He died being young.

つまり、このbeing youngは分詞構文であることが分かります。ただ、分詞構文のルールでは、beingは省略可能というものがあります。これが理由で、beingが省略されてHe died youngという文章になります。

 

それでは、別の例文も見ていきましょう。

 

彼女は走ってここへやってきた。
She came here running.

これも、She came.という第1文型の文章です(hereは副詞ですので、文型の構成要素にはなりません)。今回は、動詞のrunningがうしろに置かれているパターンです。runningはSheという名詞を説明しているので、主格補語となります。このrunningも分詞構文であると考えれば、文章を理解するのはそれほど難しくないでしょう。

 

 目的格補語に相当する語句
次に、目的格補語の形を見ていきます。以下の例文を見てください。

 

私はその自転車を新品で買った。
I bought the bicycle brand-new.

これは、I bought the bicycleというSVOの第3文型です。今回は、brand-newという形容詞がCとなります。このCは、the bicycleというOを修飾しているので、目的格補語であることが分かります。つまり、The bicycle is brand-newという文章が成り立ちます。このように、第5文型のような形で目的格補語が現れます。

 

以上で、主格補語と目的格補語についての説明を終えます。初めて上記のような文章に出くわすと、多くの人は文章構造を理解することができません。ただ、今までの説明を思いだし、正確な文章を作る、または読めるようにしっかりと頭に入れてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です