英語の文法:未来完了形の使い方

ここでは未来完了形を学習していきます。最初はスピーキングで使いこなすことがなかなか難しい時制です。そのため、未来完了形を理解し、例文を音読していくことで徐々に使い慣れていきましょう。

 

未来完了形は、未来のある時点においての完了・結果・継続・経験の4種類の用法があります。作り方は、「will+have+過去分詞」です。過去分詞は、動詞の後ろにedを付けることが基本形となります。不規則に変化する動詞もありますので、1つ1つの動詞に対して辞書を開いて調べることが大切です。

 

それでは、以下で4種類の用法を見ていきましょう。

 

 未来完了の完了・結果
未来のある時点においての物事の完了や結果を表す用法です。以下の例文で確認しましょう。

 

明日までに宿題は終わっているだろう。
I will have finished my homework by tomorrow. 
彼が来るまでに宿題は終わっているだろう。
I will have finished my homework by the time he comes.

「~するまでに」はby the timeで、時制は現在形を使います。

 

 未来完了の経験・継続
未来のある時点までの経験や継続を表す用法です。例文を見てみましょう。

 

今度イギリスに行ったら、3回行ったことになる。
I will have been to the U.K. three times if I go there again.  (経験)

「2回すでにイギリスに行っていて、今度行くときには3回目となるだろう」という未来においての経験を表します。

 

あと1週間で彼女はバイオリンを3年間練習したことになる。
In a week, she will have practiced the violin for three years. (継続)

「もう1週間たつころには、3年間バイオリンを練習していることを継続しているだろう」という意味になります。

 

 未来完了進行形
未来のある時点まで進行している動作を表すには、未来完了進行形を使います。以下の例文を見てみましょう。

 

来年の秋で私は彼と5年間付き合っていることになる。
I will have been seeing him for five years by fall next year.

「来年の秋で、5年間付き合っていることになる」という進行を表していますので、未来完了進行形を使います。

 

未来完了形の説明は以上となります。この時制を使いこなすには、かなりの練習が必要です。例文で暗記したあとは、実際に自分でこの時制を使い、どのような文脈で使えるのかを体で覚えていくことが大切です。そうすれば、感覚的に未来完了形を使いこなせるようになっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です