ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

英語の文法:過去形 (was, were, did)

過去の事柄を話すときに使われる時制を、過去形と言います。一方、現在の事柄について述べる時制を現在形といいます。ここでは、過去形の文章の作り方について解説していきます。

 

 be動詞の過去形
be動詞の過去形を、以下のリストにまとめました。現在形のbe動詞と一緒に比べてみましょう。

 

主語 現在形 過去形
I am was
You (単数形) are were
He, She, 人名, 物の名前 is was
We are were
You (複数形) are were
They, 人名, 物の名前 are were
This, That, It is was
These, Those, They are were

 

このように、単数形の過去形はwas、複数形の過去形はwereとなります。ただし、Youの過去形に関しては、単数形でも複数形でもwereになります。

 

それでは、例文を作ってみましょう。語順は、be動詞を使った現在形とまったく同じです。

 

私は生徒でした。
I was a student.

 

あなたは生徒でした。
You were a student.

 

彼(彼女)は生徒でした。
He (She) was a student.

 

メアリーは生徒でした。
Mary was a student.

 

私たちは生徒でした。
We were students.

 

あなたたちは生徒でした。
You were students.

 

彼ら(彼女ら)は生徒でした。
They were students.

 

メアリーとボブは生徒でした。
Mary and Bob were students.

 

これらは(値段が)高かったです。
These were expensive.

 
 be動詞を使った過去形の否定文
否定文の語順も、現在形と変わりません。例文で確認しましょう。

 

私は教師ではありませんでした。
I was not a student.

 

これらは(値段が)安くはありませんでした。
These were not cheap.

 

 短縮形
be動詞の短縮系は2種類あります。

 

was not → wasn't
were not → weren't

 

これらはおもに、日常英会話で使われます。
 
 be動詞を使った過去形の疑問文
疑問文の語順も、現在形と変わりません。応答の仕方も同じです。以下で確認しましょう。

 

私はうるさかったでしたか?  はい、うるさかったです。 /  いいえ、うるさくありませんでした。
Was I noisy?  Yes, you were. / No, you were not. (weren't)

 

あなたは動物園にいましたか? はい、いました。/  いいえ、いませんでした。
Were you at the zoo?  Yes, I was. / No, I was not. (wasn't)

 

be動詞を使った過去形は以上となります。現在形の文章がスラスラと作ることができれば、過去形の文章を作るのはそれほど難しくないはずです。be動詞を変化させるだけなので、そこだけ注意すれば問題ありません。
 
 一般動詞の過去形
現在形の一般動詞に関して、3人称が主語になる場合のみ、動詞の語尾を変化をさせることがルールでした。例えば、「like」の3人称は「likes」となります。

 

一方、過去形に関しては、人称に関わらずその後に続く動詞の語尾が全て変化します。規則的な変化は4種類あります。以下で確認しましょう。

 

help → helped  語尾にedをつける
agree → agreed  語尾にdをつける
cry → cried  最後の y を i に変えてedをつける
stop → stopped  最後の単語の文字をもう1つ加えてedをつける

 

そのほかにも不規則動詞と言われるものがあます。これらは上記の規則には当てはまりません。

 

go → went
come → came
think → thought
teach → taught

 

このような不規則動詞は、1つ1つの動詞に対して辞書を引き、正しい形を覚えるようにしましょう。例文で確認しましょう。

 

私は彼を助けました。
I helped him.

 

彼女はそのCDを買った。
She bought the CD.

 

このように、動詞の形が変わるだけで語順は現在形と同じです。下記で解説する、否定文と疑問文も同じ語順となります。

 

 一般動詞を使った過去形の否定文
否定文の現在系では、3人称が主語の場合は「do not」を「does not」にしなければなりませんでした。一方、過去形の場合は全て「did not」で統一します。また、動詞は現在形の時と同じく元の動詞の形(原型)にします。例文で確認しましょう。

 

私はそれを買いませんでした。
I did not buy it.

 

彼女はその公園に行きませんでした。
She did not go to the park.

 

 短縮形
日常英会話でよく使われる短縮系は、以下の通りです。

 

did not → didn't

 

 一般動詞を使った過去形の疑問文
疑問文の現在系では、3人称が主語の場合はDoをDoesにしなければなりませんでした。一方、過去形の場合は全てDidで統一します。動詞は現在形の疑問文と同じく原型します。応答の仕方も現在系と同じです。例文を見てみましょう。

 

彼女はそのレストランに行きましたか? はい、行きました。 /  いいえ、いきませんでした。
Did she go to the restaurant?  Yes, she did. / No, she did not. (didn't)

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

関連ページ

英語の文法:一般動詞、他動詞と自動詞、肯定、否定、疑問文
英語の文法:句動詞の使い方
英語の文法:現在(過去)進行形
英語の文法:未来形
英語の文法:現在完了形
英語の文法:過去完了形の使い方
英語の文法:未来完了形の使い方
英語の文法:時制の一致を受けない文
英語の文法:時制の一致の基本
英語の初級文法:(want、etc)+to不定詞、助動詞
英語の文法:動名詞の基礎、使い方
英語の文法:不定詞と動名詞の使い分け
英語の文法:to不定詞の基礎、使い方
英語の文法:不定詞(疑問詞+to不定詞、独立不定詞)
英語の文法:動名詞の慣用表現
英語の文法:不定詞(動詞+目的語+不定詞、形容詞的用法)
英語の文法:不定詞の副詞的用と構文
英語の文法:不定詞(意味上の主語、完了形、進行形など)
英語の文法:動名詞(意味上主語、時制、現在分詞の違い)
英語の文法:助動詞の基礎、使い方
英語の文法:助動詞の使い方(can, may, must等)
英語の文法:助動詞の使い方(need,shall,dare)
英語の文法:shouldの特殊用法
英語の文法:よく使う助動詞の使い分け方
イギリス英語の文法:助動詞
英語の文法:分詞(現在分詞と過去分詞、限定用法)
英語の文法:分詞構文の作り方
英語の文法:接続詞+分詞構文、独立分詞構文、付帯状況with
英語の文法:分詞構文で使う主格補語と目的補語の使い方