ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

イギリス英語の文法:助動詞

ここでは、イギリス英語の文法について学習をしていきます。アメリカ英語とは違う表現が沢山あるので、将来イギリス英語をマスターしたい人や、イギリスに在住する人などはここで文法を覚えてしまいましょう。
 have got
これは、アメリカ英語でのhave「持つ」と同じ意味です。例文を見てみましょう。

 

彼はやることがたくさんある。
英 He has got a lot of things to do.
米 He has a lot of things to do.

 

彼女はそのとき多くのお金を持っていた。
英 She had got a plenty of money with her then.
米 She had a plenty of money with her then.

 

アメリカ英語にはhave gottenという言い方がありますが、これはイギリス人にとって変に聞こえるようです。この形は、疑問文でも使われます。

 

いくらかお金を持っていますか。 はい、持っています。
英 Have you got some money with you? Yes, I have.
米 Do you have some money with you? Yes, I do.

 

 have got to do
イギリス英語では、これをmustやhave toといった「~に違いない」と同じ意味として使うことがよくあります。例文を見てみましょう。

 

彼が言ったことは真実に違いない。
英 What he said has got to be true.
米 What he said must / has to be true.

 

can't have+過去分詞
イギリス英語ではこれを、「~したはずがない、~できたはずがない」という意味で使います。一方、アメリカ英語ではmust not have+過去分詞が使われます。

 

彼は時間通りに課題を終わらせたわけがない。
英 He can't have finished his assignment on time.
米 He mustn't have finished his assignment on time.

 

 needn't+動詞の原型
これは「~する必要はない」という意味であり、アメリカ英語だとdon't have to do~と表現されます。ちなみに、イギリス英語でもdon't have to doは使われる傾向にあります。

 

彼はここにくる必要はない。
英 He needn't come here.
米 He doesn't have to come here.

 

 shall / should / will / would
仮定法や予測について表現する場合、イギリス英語ではshouldを使う傾向にありますが、アメリカ英語ではwouldを使います。また、「(昔)よく~したものだ」というwouldの用法は、イギリス英語ではused to doがよく使われます。

 

もし私が君なら、そんなことは言わないだろう。
英 I should not say such a thing if I were you.
米 I would not say such a thing if I were you.

 

私が子供のころ、よくあの公園で遊んでいたものだ。
英 When I was younger, I used to play in that park.
米 When I was younger, I would play in that park.

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

関連ページ

英語の文法:一般動詞、他動詞と自動詞、肯定、否定、疑問文
英語の文法:句動詞の使い方
英語の文法:現在(過去)進行形
英語の文法:未来形
英語の文法:過去形(was, were, did)
英語の文法:現在完了形
英語の文法:過去完了形の使い方
英語の文法:未来完了形の使い方
英語の文法:時制の一致を受けない文
英語の文法:時制の一致の基本
英語の初級文法:(want、etc)+to不定詞、助動詞
英語の文法:動名詞の基礎、使い方
英語の文法:不定詞と動名詞の使い分け
英語の文法:to不定詞の基礎、使い方
英語の文法:不定詞(疑問詞+to不定詞、独立不定詞)
英語の文法:動名詞の慣用表現
英語の文法:不定詞(動詞+目的語+不定詞、形容詞的用法)
英語の文法:不定詞の副詞的用と構文
英語の文法:不定詞(意味上の主語、完了形、進行形など)
英語の文法:動名詞(意味上主語、時制、現在分詞の違い)
英語の文法:助動詞の基礎、使い方
英語の文法:助動詞の使い方(can, may, must等)
英語の文法:助動詞の使い方(need,shall,dare)
英語の文法:shouldの特殊用法
英語の文法:よく使う助動詞の使い分け方
英語の文法:分詞(現在分詞と過去分詞、限定用法)
英語の文法:分詞構文の作り方
英語の文法:接続詞+分詞構文、独立分詞構文、付帯状況with
英語の文法:分詞構文で使う主格補語と目的補語の使い方