英語の文法:不定詞の副詞的用と構文

不定詞の副詞的用法は、日常会話において頻繁に使われます。また、これらの構文(in order toやtoo toなど)は必ず体得すべきものです。ここでは、副詞的用法や会話でもよく使われる構文を解説していきます。ちなみに、その他のto不定詞の用法は名詞的用法や>形容詞的用法があります。

 

 副詞的用法
副詞的用法では、to不定詞が副詞句としての役割を果たします。副詞的用法には、「目的」「結果」「原因」「理由」の4つの概念があります。1つずつ見ていきましょう。

 

 ・目的
その名の通り目的の意味を表し、「~するために」となります。例文で確認しましょう。

 

私は英語を話すために海外に行った。
I went abroad to speak English.
= To speak English, I went abroad.

副詞なので、上記のようにto不定詞を文頭に持ってくることもできます。また、in order toやso as toと言い換えもできます。ただ、これらはやや硬めの表現です。in order toに関しては、文頭に持ってくることができます。

 

In order to speak English, I went abroad.
= I went abroad in order to (= so as to) speak English.

否定は、下記のようにin order not toとso as not toで表します。

 

見つからないように静かに歩いた。
I walked silently not to (= in order not to, so as not to) be found.

・結果
これは、「~した結果」という意味になります。結果の意味に関しては、to不定詞を文頭に持ってくることはできません。例文を見てみましょう。

 

彼は大きくなって医者になった。
He grew up to be a doctor.

慣用表現に、never to とonly toがあります。never toは「~したまま二度と~ない」、only toは「~したが(結局)~だった」という否定的な意味になります。

 

彼はその国に行ったが、二度と帰ってこなかった。
He went to the country, never to come back.

 

彼は試験を受けたが落ちてしまった。
He took the exam only to fail in it.

・原因、理由
これは感情を表す形容詞と共に使われます。例文で確認しましょう。

 

彼女に会えて幸せだ。
I am happy to see her.

 

彼が試験に受かったと聞いて私は嬉しい。
I’m glad to hear that he passed the exam.

 

彼を助けてくれるとはなんてあなたは親切なのだろう!
How kind you are to help him!

 形容詞・副詞を修飾するto不定詞
be ready to doで「~する準備ができている」という意味になり、これはready(形容詞)を修飾するto不定詞です。例文を見てみましょう。

 

私は出かける準備ができている。
I am ready to go out.

他にもeasy, hard, difficultなどがあります。このような場合はやや特殊な文体となります。まずは例文を見てみましょう。

 

彼は話しかけやすい人だ。
He is easy to talk to.
= It is easy to talk to him.

 

彼は話しかけにくい人だ。
He is difficult to talk to.
= It is difficult to talk to him.

上のように、本来2つ目のtoである前置詞の目的語であったhimを主語に置き、最後が前置詞のtoで終わる文章となります。また、仮主語のitを使って表すことも可能です。下記の例文も同じ形です。

 

この本は読みにくい。
This book is hard to read.
= It is hard to read this book.

 

この海で泳ぐのは危険だ。
This sea is dangerous to swim in.
= It is dangerous to swim in this sea.

 too+形容詞・副詞+to、形容詞・副詞+enough to、so+形容詞+副詞+as to
enough toとso~as toは「大変~なので、十分に~なので」という意味です。too~toは、「とても~なので~できない」という意味になります。これらは日常英会話でよく使われます。例文を見てみましょう。

 

彼はとても頭が良いので一人で勉強できる。
He is smart enough to study alone.
= He is so smart as to study alone.

 

このお茶はとても苦いので飲めない。
This tea is too bitter to drink.

 

それは信じがたいな。
That’s too good to believe.

be too good to believeで、「~は信じがたい」という決まり文句です。また、形容詞のあとには名詞も持ってくることができます。

 

たくさんのバッグがあって選べない。
I have too many bags to choose from.
       形容詞+名詞

enoughに関しては、形容詞として「十分な」という意味で使うこともできます。

 

彼はフェラーリを買うための十分なお金を持っていた。
He had enough money to buy a Ferrari.

フェラーリは社名ですが、フェラーリの車を表す場合は不定冠詞をつけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です