ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

英語の文法:分詞(現在分詞と過去分詞、限定用法)

ここでは、分詞に関して学習していきます。この文法を使いこなすためには、受動態と関係代名詞も理解しておく必要があります。そのため、受動態と関係代名詞の文法に自信のない人はまずこれらの知識をしっかりとつけてください。

 

 分詞の種類
分詞には2種類あり、現在分詞過去分詞です。現在分詞は能動的で、動詞のうしろにingをつけます。一方、過去分詞は受動的で、動詞のうしろにedやその他の不規則動詞をつけます。

 

interest「面白がらせる、興味付かせる」を例に見てみましょう。詞の形にすると、それぞれinteresting, interestedとなります。interestingとinterestedの違いは、主語が能動的(行動を起こす)か受動的(行動を受ける)かによって使い分けます。下の例文を見てみましょう。

 

その本は面白い。
The book is interesting.

 

直訳すると、「その本は面白がらせる」です。

 

私はその本に興味がある。
I am interested in the book.

 

直訳すると、「私はその本に興味を持たされた」となります。受動的ですので、interestedとなります。そのため、I am interestingとは言えません。

 

ほかの例を見てみましょう。

 

その出来事は驚きだ。
the event is surprising.

 

その出来事に私は驚いた。
I was surprised at the event.

 

surpriseは「~を驚かせる」という意味です。上の例ですと、eventは(誰かを)驚かせるので、現在分詞surprisingを使います。一方、I(私)はその出来事によって驚かされたので、過去分詞interestedを使います。

 

似たような形に、tired, amazed, bored, satisfiedなど他にもたくさんあります。過去分詞として使う場合、その後ろにくる前置詞が動詞によって変わってきますので、必ず辞書を見て正しい前置詞を選べるようにしましょう。以下に例を挙げます。

 

tired of 「~にうんざりしている」
amazed at 「~にびっくりする」
bored with 「~に飽きている」
satisfied with 「~に満足している」

 

 関係代名詞の言い換えとしての分詞
分詞を使い、関係代名詞の主格用法と言い換えることが出来ます。主格用法とは、先行詞が関係詞内で主語の役割を果たすことを言います。例を見てみましょう。

 

あそこに立っている男
a man who is standing over there (関係代名詞)
= a man standing over there (分詞)

 

分詞を使う場合、先行詞のうしろに分詞を持ってきます。形は能動態なので、分詞も現在分詞を使います。それでは、過去分詞を使う文を見てみましょう。

 

戦争で殺された兵士
a soldier who was killed in the war
= a soldier killed in the war

 

受動態なので、過去分詞を使います。

 

また、動詞が自動詞であり、過去の出来事を表すときも下のように過去分詞を使います。

 

この駅に到着した電車
the train whch arrived at this station
= the train arrived at this station

 

  関係代名詞と分詞の使い分け
基本的に、関係代名詞と分詞どちらを使っても意味に違いはありません。しかし、スピーキングでは関係代名詞がよく使われ、ライティングでは分詞が使われる傾向があるようです。

 

分詞がライティングで好まれる理由の1つに、関係代名詞を使うときほど文字数が多くないことがあります。上の例をとって見てみましょう。

 

a soldier who was killed in the war
= a soldier killed in the war

 

分詞を使った場合、who wasと書かなくてもよいので字数を減らすことができます。また、文章を短くすることで引き締まった文体になるという効果もあります。

 

一方、スピーキングの場合は文字を見ることができないので耳だけが頼りです。そのため、関係代名詞を使って上のように「who was killed」と言った方が聞き手が理解しやすくなります。

 

 名詞の前に置かれる分詞 (限定用法)
上の例文と違って名詞を修飾する単語が分詞だけの場合、分詞を名詞の前に置くことができます。また、分詞を修飾する副詞も、一緒に名詞の前に置くことができます。下の例で確認しましょう。

 

走っている少年
a running boy (現在分詞)

 

殺された兵士
a killed soldier (過去分詞)

 

落ちた葉っぱ
fallen leaves (自動詞の過去分詞)

 

とても面白い本
a very interesting book (veryという副詞が分詞を修飾している)

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

関連ページ

英語の文法:一般動詞、他動詞と自動詞、肯定、否定、疑問文
英語の文法:句動詞の使い方
英語の文法:現在(過去)進行形
英語の文法:未来形
英語の文法:過去形(was, were, did)
英語の文法:現在完了形
英語の文法:過去完了形の使い方
英語の文法:未来完了形の使い方
英語の文法:時制の一致を受けない文
英語の文法:時制の一致の基本
英語の初級文法:(want、etc)+to不定詞、助動詞
英語の文法:動名詞の基礎、使い方
英語の文法:不定詞と動名詞の使い分け
英語の文法:to不定詞の基礎、使い方
英語の文法:不定詞(疑問詞+to不定詞、独立不定詞)
英語の文法:動名詞の慣用表現
英語の文法:不定詞(動詞+目的語+不定詞、形容詞的用法)
英語の文法:不定詞の副詞的用と構文
英語の文法:不定詞(意味上の主語、完了形、進行形など)
英語の文法:動名詞(意味上主語、時制、現在分詞の違い)
英語の文法:助動詞の基礎、使い方
英語の文法:助動詞の使い方(can, may, must等)
英語の文法:助動詞の使い方(need,shall,dare)
英語の文法:shouldの特殊用法
英語の文法:よく使う助動詞の使い分け方
イギリス英語の文法:助動詞
英語の文法:分詞構文の作り方
英語の文法:接続詞+分詞構文、独立分詞構文、付帯状況with
英語の文法:分詞構文で使う主格補語と目的補語の使い方