ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

長年海外で暮らしていても英語が全く伸びない理由

日本のグローバル化に伴い、海外赴任または転勤する方がますます増えています。同様に、国際結婚を通して海外在住をする人も多くなっています。他にも、留学やワーキングホリデーなどを通して海外に生活をする機会も増えてきました。

 

このように、海外に住む機会は昔と比べてかなり増加していますが、日本人の英語力は全体的に伸びていないのが現状です。

 

 英語力が全く伸びないことによるフラストレーション
私はこれまで、海外で長年暮らしていても英語が全く伸びない方にたくさん会いました。しかし、海外転勤をしている人は切実です。日々ネイティブと英語で意思疎通をしなければならないので、一日でも早く英語力を上げたいと思っています。

 

結婚相手の海外赴任が決まって、一緒に海外へ引っ越すことになった方、またはネイティブとの結婚が決まって海外で暮らすことになった人たちは、日々の暮らしの中で嫌でも英語を使わなければいけません。

 

英語を使って思うように言いたいことを表現できないため、フラストレーションが溜まってしまいます。その結果、家に引きこもる、または日本人同士でしか交流しないということが大半のようです。

 

この気持ちはとてもよくわかります。私も高校を卒業したのち、英語が全く話せない状態でアメリカへ留学しました。このときは英語をろくに使えなかったので、外に出たくありませんでした。同時に、強い孤独感に襲われ、ホームシックになりました。とてもつらい思いをしたのを覚えています。

 

 ネイティブとただ話すだけでは英語力は伸びない
では、日本人がどうやって海外に住んでいながら効果的に英語力を伸ばすことができるでしょうか?「海外に長年住めば、英語は自然に話せるようになる」という説がいまだに多くの人に信じられているようです。しかし、日本語という母国語が身についたあとでは、無意識に言語を体得することは不可能です。

 

成人の脳は、日本語とは全く異なる言語を無意識に吸収するようにはできていません。まずはこの事実を受け入れてください。第2言語を学ぶには、文法や単語を意識的に学ぶ必要があります。この2つを無意識に習得することは、決してありません。

 

ただ、簡単な挨拶や決まり文句程度であれば、ネイティブと会話している中で覚えることはあります。実は、多くの日本人は、文法を無視してこれらのフレーズだけで文章を作っていることが頻繁にあります。これでは、いつまでたっても中級レベルから抜け出すことはできません。

 

 ネイティブによる文法指導は日本人にとって分かりにくい
一度海外に行ってしまったら、英語を教わるのはおもにネイティブからでしょう。ここで問題が生じます。それは、「ネイティブの英語指導は日本人にとって効果的でないことが多い」ことです。日本人が効果的に英語を学ぶためには、英語を第2言語として習得した日本人から学ぶべきです。

 

なぜなら、私を含め母国語が出来上がった後に英語を身につけた人は、英語学習のどの辺りでつまずくかを熟知しているからです。ネイティブはもちろん、日本人以外にそのようなことを知るはずがありません。

 

例えば、私たちが関係代名詞を学習するとき、どのような考えでこの文法を使った文章を作るべきか、ネイティブは教えることはできません。関係代名詞の作り方は教えることができても、日本人がこれを使うときに注意すべきことをネイティブは分からないのです。

 

以上のことを踏まえ、当サイトでは、「海外でも英語が不自由しないレベル」に到達するための英語学習法を全て伝授します。各文法別に、日本人が気を付けるべき点や、文法を使いこなすためのコツなどを全て解説しています。当サイトを通して、ネイティブと対等に話せる英語力を身につけてください。

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ