語学留学で英語力は伸びる?

海外在住の例として、語学留学も挙げられます。これらのケースも海外転勤と同様、英語力が伸びずに日々悶々とし、そして帰国日を迎えてしまうことが多いようです。

 

なぜこのようなことが起こるのでしょうか。こういったケースもやはり、日本人が効果的に英語力を伸ばす勉強法を行っていないからです。

 

まず上記のケースのどちらにも共通していることが、「英語をネイティブから学ぶ」ということです。「ネイティブから英語を学ぶのが最も効果的な勉強法だ」ということは、昔からよく言われてきました。

 

確かに生の英語を聞けますし、嫌でも英語を使わなければならない状況に置かれます。「カタコトでも話しているうちに、徐々に英語の流暢性が向上してくるだろう」ということが定説です。しかし実際は、これでも英語力が劇的に伸びるということはありません。

 

 文法を理解していなければ正確な英文を作ることはできない
英語を話すうえでのルールである文法を知らなければ、そのルールを無視して英語を話すことになります。その結果、修復困難なブロークン英語に陥ってしまいます。

 

更に、複雑な文章になればなるほど文法力が問われるので、そのような文書が作れずに簡単な意思疎通しかはかれないということになります。文法の重要性についてはこちらで説明しています。

 

 ネイティブによる文法指導は効果的か?
語学学校では、英語レッスンはほとんどの場合ネイティブによって行われます。実は、ここにも落とし穴があるのです。それは、ネイティブは日本人が英語を学ぶ際につまずくであろうポイントを知らないということです。
ネイティブは元々、文法を学習せずに自然と英語を話せるようになりました。そのため、「日本人がどのポイントに気を付けて正しい英文を作れば良いのか」ということがわからないのです。

 

日本語と英語は性質が全く異なる言語です。日本人に英語を教える場合、「日本語の構造を熟知してそれをいかに自然な英語に言い換えることが出来るか」というノウハウを教える必要があるのです。

 

こういった指導ができるのは、ネイティブではなく日本人です。それも、日本語が出来上がったあとに第2言語として英語をマスターした日本人が望ましいです。

 

私は英語を通訳が出来るレベルにまで高め、その後にイギリスに留学しました。そこで語学留学をしている生徒に何人か会い、「英語が全く伸びない」という悩みを直に聞きました。

 

そこで、私が彼らに英語を教えました。文法指導を主に行い、その結果「ネイティブによる文法指導よりも分かりやすかった」という感想を頂きました。

 

私を含め後から英語をマスター人たちは、「英語学習者がどこでつまずくか」を熟知しています。それに対して適切なアドバイスをすることが出来るのです。

 

こういった理由から、ネイティブによる英語レッスンを受けても英語力を伸ばすことが出来ないというのがお分かりいただけたかと思います。

 

 語学留学をフル活用するためには?
では、「語学留学は無駄であるか」と聞かれたら、私は「ノー」と答えます。留学することによって異文化に触れることができ、日本では到底味わえないような経験を沢山することが出来ます。日本という国を外側から見ることによって、今まで気づかなかった日本の良いところ、悪いところを知ることが出来ます。

 

また、海外の友人を多く作ることもできます。彼らと仲良くなることで、日本人からは出てこないような独特の発想や思考法に驚くこともあるでしょう。つまり、価値観が大きく変わるのです。

 

こういった経験は一生ものの財産となります。特に若いうちからこのような経験をすれば、今後の人生においてとても役に立つでしょう。

 

それでは、「英語の勉強に関してはどのようにすればよいか」。このような悩みに答えるためにも、私がこのサイトを立ち上げました。文法や単語集、日常英会話表現集から、スピーキングのコツなども全て網羅してあります。

 

ぜひ、このサイトで英語を学習し、ネイティブと不自由なく会話できるレベルを目指してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です