ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

英語のさまざまな「ス」と「ズ」の発音

ここでは、「s」と「z」、「ʃ」と「ʒ」の発音について学習をしていきます。日本語にも存在する発音ですが、舌をおく位置を間違えると違った発音になってしまいますので注意が必要です。

 

例えば、sipとshipの発音を間違える日本人はかなり多いです。shipは日本語の発音で問題ありませんが、sipは舌の位置を間違えるとshipになってしまいます。それでは、下記で具体的な発音方法について説明していきます。

 

 「s」と「z」の発音
これらは2つとも、舌の先を上歯茎の裏に近づけて発音します。このとき、舌の先は上歯茎につけてはいけません。そして、「スーッ」と息を吹いてみてください。下の先と上歯茎の間から息が流れるはずです。これが「s」の音です。

 

一方、「z」の音はこの「s」の音に声をのせ、「ズーッ」といいます(有声音といいます)。これが「z」の発音です。

 

もしこの発音が難しいと感じたら、日本語で「スープ」といってみてください。この「スー」の音が「s」に近い音です。それでは、下の単語で練習しましょう。

 

sink 流し
sip 吸う
set セット、設定する

 

zipper チャック
zero ゼロ
jazz ジャズ (zzの部分)

 

 「ʃ」と「ʒ」の発音
これは比較的簡単な発音です。日本語の「シ」の音がこれらに近い音となります。口の形は、力をいれずにややとがらせてください。その状態で「シーッ」と息をだしてください。それが「ʃ」の音になります。

 

「ʒ」の発音をするときは、「ʃ」と口の形は同じです。そして発音をするとき、声をだして「ジーッ」と言います。これが「ʒ」の発音です。それでは、下の単語で練習をしましょう。

 

shake 振る
ship
smash 砕く (shの部分)

 

rouge 口紅 (geの部分)
casual カジュアルな
massage マッサージ (geの部分)

 

「s」と「ʃ」、「z」と「ʒ」は、間違えると全く違う単語にネイティブに聞こえてしまうので注意が必要です。彼らは前後の文脈から正しい発音を推測し、理解してくれようとします。しかし、よりスムーズなコミュニケーションを目指すのであれば、これらの発音を正しく使い分けることができるようにしましょう。

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ