ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

英語の「l」とさまざまな「r」の発音

ここでは、「l」と「r」の発音について学習をしていきます。どちらとも日本語には存在しない音なので、かなり練習が必要となります。特に「r」は日本人が最も苦手とする音なので、まずは舌の置き方などといった理屈を理解し、何度も練習してください。

 

 「l」の発音
まずは舌の先を、上の前歯の付け根に付けてください。その状態で声を出します。そのとき、「ウー」といったこもった音が出るはずです。それが「l」の音です。ただしこの音は単語の最後に「l」がくるときの音です。単語の始めや真ん中で「l」がでてきた場合、その舌の位置で「ラ行」を言います。下の単語で練習してみましょう。

 

lucky 幸福な、ついている
love
ballet バレエ

 

前にも述べたように、単語の最後に「l」がくるときは、「ラ行」の発音をせずに「l」を発音するときの舌の位置で声を出します。「ウー」というこもった音がでたら正しい発音です。例えば、littleを多くの日本人は「リトル」と発音します。しかし実際は、最後の「le」の部分はこもった「ウー」の音で終わります。それでは、下の単語で練習をしてください。

 

little 小さい
girl 少女
world 世界

 

 「r」の発音
多くの日本人は、「r」の発音をするときに日本語の「ら、り、る、れ、ろ」の音で単語を言います。確かに前後の文脈から判断してネイティブは理解をしてくれるかもしれませんが、聞き取りやすい発音を目指すのであればぜひ正しい発音を身につけてください。

 

日本語で「ラ行」を発音するとき、舌の先で上の口蓋(上歯茎の奥にある出っ張っている部分)を弾いて音をだします。一方、英語の「r」は舌の先を奥方向に巻きます。そのあとに、日本語の「ラ行」を発音するような感覚で、舌の先を上の口蓋につけずに発音します。すると、「ゥラ」といった音がでるはずです。それが「r」の音になります。下の単語で練習をしてください。

 

right 右、正しい
really 本当に
girl 少女

 

 母音+「r」の発音
英語には、最後に「r」で終わる英単語がたくさんあります。このときの「r」の発音は、舌の先を奥方向にまいたまま声を出して終わります。そうすると、「ウー」のこもった音が出るはずです。「r」の前に置かれる母音はそのまま発音し、その口の形のままで「r」を言います。それが、母音+「r」の発音です。

 

また、二重母音+「r」の発音もあります。これに関しても「r」の発音の仕方は上記と同じです。下の単語で練習してみましょう。

 

or もしくは
sure いいよ
ear
our 私たちの
tower
bear
higher より高い
poor 貧乏な

 

「l」と「r」の発音は、日本人にはなじみにくい音です。そのため、正しい舌の置き方や動かし方を理解し、正確に発音をしなければなりません。

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ