ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

英語のさまざまな「m」と「n」の発音

ここでは「m」と「n」、そして「ŋ」の発音について学習していきます。これは日本語の「ま、み、む、め、も」や「な、に、ぬ、ね、の」とほぼ同じ音ですので、それほど難しくはありません。

 

 「m」の発音
単語の最初や真ん中に出てくる「m」は、日本語と同じ発音で大丈夫です。このあとの母音と合わせて発音してください。また、「mm」というつづりの単語も「m」と同じ発音で問題ありません。下の単語で練習しましょう。

 

Mom ママ
make 作る
my 私の
summer

 

単語の最後にでてくる「m」は、日本人発音が出やすい場所です。例えば、「Tom」という場合、多くの英語初級者は「トム」と日本語的に発音します、つまり、「m」のうしろに母音の「u」があるように発音してしまいがちです。しかし英語では、このように単語の終わりに置かれる「m」は口を閉じるだけで終わらせます。そのため、「トン」という発音に聞こえます。下の表で練習してください。

 

Sam サム
room 部屋
bomb 爆弾 (最後の「b」は発音しません)

 

 「n」の発音
日本語の「n」と同じ発音で問題ありません。ただ、舌の先をつける場所が日本語と少し違います。英語で「n」の音を出す場合、舌の先を上歯茎の付け根につけます。そこで「n」の発音をしてください。舌の単語で練習をしましょう。

 

penny ペニー (硬貨)
night
dance ダンス

 

単語の最後に「n」が出てくる場合、舌の先を上歯茎の付け根につけるだけで終わらせます。下の単語で練習してください。

 

nine
ten 10
man

 

 「ŋ」の発音
これは日本語には存在しない音となりますので、少し練習が必要となります。まず、「りんご」と日本語でいってみてください。次は、最後の「ご」をいう前に発音を止めます。そのときの「ん」の発音が「ŋ」の音です。多くの日本人は、kingと発音するときに「キング」といいます。しかし、実際は「キン」というのが正しい発音です。それでは、下の単語で練習してください。

 

king 王様
Hong Kong 香港
pink ピンク

 

このように、「m」と「n」、そして「ŋ」の発音に関しては単語の最後にきたときに注意が必要です。そこを意識するだけで、日本人発音から抜け出すことができます。

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ