ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

英語の「h」と「w」、さまざまな「j」の発音

ここでは、「h」と「w」、そして「j」の発音について学習していきます。日本語の音とほぼ同じなので、習得はそれほど難しくはありません。
 
 「h」の発音
「h」に関しては、決まった口の形はありません。そのあとにくる母音によって形が変わります。音の出しかたは日本語と同じ「ハー」の音ですが、腹式呼吸で強めに息を吐くことがポイントです。それでは、下の単語で練習をしましょう。

 

happy 幸せな
hey おい、やあ
hot 暑い

 

 「w」の発音
これは日本語の「ワ行」と大体同じ発音となります。しかし、英語でこの発音をするとなぜか多くの日本人は「ウ」と発音する傾向があります。例えば、wearは「ウエアー」と発音してはいけず、しっかりと「ワ行」の発音をする必要があります。下の単語で練習してください。

 

wear 着る
woman 女性
white

 

 「j」の発音
基本的には日本語の「ヤ行」の音に近いですが、英語の「j」はそれをもう少しはっきりと発音するイメージとなります。それでは、下の単語で練習してみましょう。

 

yummy おいしい
onion たまねぎ
young 若い

 

 「juː」の発音
まず「j」の発音をしてください。その口の形で、「uː」の発音をします。それが「juː」の音になります。下の単語で練習をしてください。

 

you あなた
beautiful 美しい
music 音楽

 

このように、「w」と「j」の音に関しては日本語よりもはっきりと発音をする必要があります。何度も練習をして、発音力を高めていってください。

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ