ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

文法や単語暗記、スピーキング学習にネイティブの音声は必要か

最近の英語教材の多くは、ネイティブの音声が収録されたCDが付属しています。これを聞きながら英語の勉強を行う人は多いです。ただ、CDに頼るのは初級レベルまでにすることをおすすめします。

 

この理由は1つであり、ネイティブの声に頼ってしまうと、いつまでたっても自力で文章を音読することができないからです。

 

これに関しては、以下の動画で詳細を説明しています。

 

 

 発音記号を読めるようになれば音声はいらない
CD付きの教材は、主に入門か初級レベルの本についています。ただ、中級や上級レベルの教科書には付属していない場合が多いです。そのため、中級レベル以降はあなた自身の力で英文を正しい発音で読む必要があります。

 

それでは、どのように正しい音を体得すればよいでしょうか。答えは、発音記号を読めるようになることです。英和辞書を見てみると、どの単語にも必ず発音記号がついています。これを理解すれば、ネイティブの音声を聞かなくても正しい発音をすることが可能です。

 

発音記号1つ1つの発音はどこで学べばよいでしょうか。それは、市販で売られている発音の参考書を購入してください。母音や子音、英語のリズム、そして英語特有の単語同士がつながる音(リエゾンと言います)などを学んでいきます。

 

これらを一通り習得すれば、あとは自分の力で英文を正しい発音やリズムで読むことができるはずです。

 

私の英語塾には、1万を超す大量の例文を用意しています。そこで塾生から、「すべての例文に音声をつけてほしい」と要望を頂いたことがあります。

 

ただそれをしてまうと、この塾生の方は、発音記号を勉強せずに自分の勝手な発音で英文を音読してしまう危険性があります。これでは、上級レベルの英語力を手にいれることはできません。また、英字新聞や小説なども自力で読むことができません。

 

こういったことを避けるためにも、早いうちから発音記号を理解できるようになることが大切です。日本語には存在しない異質の音を口から出すことは、初めは大変です。そのため、必死に努力して英語の正しい発音を身につける必要があります。

 

 ネイティブのような完璧な発音はできなくても通じる
上記のようなアドバイスをすると、「ネイティブと全く同じ発音をしなければ」と思ってします方もいます。ただ、それはやりすぎです。日本人はすでに日本語発音に慣れてしまっているため、大人になってからネイティブのような声を出すことはかなり困難です。

 

私は同時通訳レベルの英語力を身につけていますが、発音は日本人訛りです。ただ、それでもネイティブは私の言っていることを100%理解できると言っています。

 

英語の訛りはさまざまであり、アメリカ英語やイギリス英語、インド英語、シンガポール英語などたくさんあります。そして、それぞれの国特有のアクセントがあります。それでも、彼らはお互いの言いたいことを理解することができています。

 

これを考えると、私たち日本人は日本語訛りの英語でも十分です。アクセントや発音を大きく間違えない限り、彼らは私たちの言いたいことを理解してくれます。そのため、完璧な発音を目指す必要はありません。こういったことを理解し、今後の発音学習に役立ててください。

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ