ネイティブとの会話は効果的か?

多くの英語学習書やサイトなどを見ると、「英語を伸ばすために一番効果的な方法は、ネイティブと話すことだ」と言っていることが多いです。確かにネイティブとの会話は、自分の英語力を伸ばすためにも重要です。

 

しかし、ネイティブとの会話はあくまで「自分の英語力の実践の場」としてとらえるべきです。文法力や単語力といった基礎なしに、ただやみくもにネイティブと会話をしていては、めちゃくちゃな英語を話す癖がつきやすいからです。

 

 基礎力なしにネイティブと会話をするほど間違った英語を覚えてしまう
例えば、A君の文法力は中2レベルで、スピーキングが苦手としましょう。彼がネイティブと話しているとき、以下の日本語を英語で言いたいとします。

 

「昨日パーティーでどんちゃん騒ぎして、つい羽目を外しちゃったんだよね」
A君の頭の中にはこの日本語がすでに思いついていますが、英語に変換ができません。そもそも、「どんちゃん騒ぎ」や「羽目を外した」に相当する英語表現が分かりません。

 

仮にA君が、これらに相当する英訳を覚えていない場合、当然英語が口から出てくるはずがありません。ネイティブが辛抱強く待ってくれているなか、A君は別の表現をあれこれと考え、何か言おうと頑張ります。その結果口からでてきた英語は、文法や単語の使い方などがデタラメになっていることが多いです。

 

しかし、ネイティブは相手の言ったことを察しようとしてくれるので、何となく意味は分かってくれます。そして次の会話へと進んでいきます。

 

今の流れを振り返ってみると、じつはA君の英語力は全く伸びていません。その理由は以下の2つです。

 

  •  「どんちゃん騒ぎ」や「羽目を外した」をどう訳せばよかったのか復習していない
  •  ネイティブが雰囲気から理解してくれたおかげのため、正しい文法と語法を確認できていない

この状態では、次の会話でも英語で表現できない日本語に出会い、文法や語法がめちゃくちゃな英語を話し続けてしまうことになります。その結果、英語力を上げることが困難となります。

 

留学やワーキングホリデーなどで英語が伸びずに帰ってくる生徒が多いのも、これが理由の1つです。ただ、親切なネイティブであればゆっくり話してくれたり、決まり文句やスラングなどを教えてくれたりするでしょう。これを繰り返していれば、次第に決まり文句のストックが増え、話せる内容も増えて流暢性も上がっていきます。

 

ただ、これだけでは「本物の英語力」は身につきません。前述のとおり意識的に文法を学習し、かつ練習をしなければなりません。これをせずに決まり文句だけを覚えていたら、いつまでたっても初級レベルの英語から抜け出すことはできません。

 

確かに最近では、英語を流暢に話す日本人も増えてきました。しかし現実は、「流暢に話しているように聞こえる日本人が増えてきている」と私は考えています。それは、ネイティブとの会話が重要視され、文法学習が軽視されたことが一因です。

 

もし英語を話せない人が彼らの英語を聞いたら、「この人は英語がペラペラに違いない」と思うでしょう。しかし、実際は覚えた決まり文句を、文法を無視して自己流にアレンジしていることが多いです。それを流暢に話すことができれば、英語初心者から「英語の使い手」と思われるのも無理ありません。

 

実際、私はそのような「英語を話せるように聞こえる人」にたくさん出会ってきました。英語は確かに流暢でした。しかし文法はたくさんの誤りがあり、ひどい場合は何を言っているかわからない時もありました。

 

以上のことを踏まえると、ネイティブとの会話だけでは英語力を十分に伸ばすことはできません。この事実を考えると、「ネイティブの恋人を持てば英語力は上がる」という意見にも賛成とは言えません。

 

 ネイティブとの会話を有意義な学習にするためにやるべきこと
では、ネイティブと話す場合はどのようにして自分の英語力を高めればよいのでしょうか?それは、前もって話す内容を英語で考えておき、それらの表現がスラスラと口から出てくるまで何度も音読することです。
もちろん、正確な文章を作れるようになるためには文法力と単語力は必須です。理想は大学入試レベルの文法を使いこなし、単語も最低3000語は覚えることです。このようなステップを踏めば、実際にネイティブと話すときも円滑に会話を進めることができます。

 

ただ、会話の中でトピックが変わってしまい、事前準備していなかったことを表現しなければならないときもあるでしょう。その場合は、自分の持ち前の英語力で勝負するしかありません。初めのうちはストックがないため、大体は別の表現で代用するか、もしくは言えたとしても不自然な表現になってしまうことが多いです。

 

そのため、、言えなかった表現をピックアップし、正しい表現を調べて、それを次回は使えるように何度も音読することが大切です。こういったプロセスを繰り返すことで、徐々に話せる内容も増えていきます。文法的に誤りのない自然な英語をしゃべれるようになっていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です