独学では英語をマスターすることが難しい理由

最近は英語学習本や勉強法を教えるサイトやブログなども増え、英語力をアップするために必要なツールを手に入れやすくなりました。数十年前のインターネットやテレビがなかった時代と比べると、私たちは英語を勉強するためにとても恵まれている環境にいます。

 

ただ問題なのは、現在は英語を学習するための情報が溢れかえっているということです。本屋に行けば、スピーキング本だけでも何百冊もあり、インターネットを見てみると英語を教えるサイトやブログが多数存在します。

 

 独学で英語の勉強を行うと無駄な努力をする可能性が高い
私が過去に教えた生徒の一人に、独学で6年勉強している人がいました。彼女はとても頑張り屋であり、毎日数時間も英語の勉強に時間を費やしていたとのことです。

 

しかし、彼女の英語力は満足のいくほどに上がりませんでした。これまでいくつもの教材を試しましたが、全く効果が上がらなかったというのです。

 

さらに、ある教材を使って勉強を進め、しばらくして別の教材を買ったら、推奨している勉強法が正反対だったということがあったとのことです。これではいったい、何が正しい勉強法なのかわからなくなるのは言うまでもありません。

 

このように、独学で英語の勉強を行うと、無駄な時間やお金を使ってしまうことがとても多いです。その結果、勉強をする気が失せて英語習得をあきらめてしまうという結果になります。

 

私も過去に何百冊もの英語学習本を購入し、一人で勉強をしていた時期があります。しかし、英語力はそれほど伸びませんでした。そのため、教える側の立場になった今では、なかなか英語が伸びないと嘆いている生徒の気持ちがよくわかります。
 
 成功したければ成功者から直接学べ
では、どうすれば最短距離で英語を身につけることができるでしょうか。答えは、すでに英語をマスターしている人から直接指導を受けるということです。この理由は簡単であり、英語を話せる人は初級者や中級者がどこでつまずくかを熟知しており、そこで的確なアドバイスをすることができるからです。

 

また、私を含め英語を本当の意味でマスターした人は、様々な勉強を行ってきました。そのため、どうすれば効果的に英語力を伸ばすことができるのかということをよく知っています。

 

ただ、教えてもらう相手を間違えてはいけません。たとえば、もしあなたの日本語が母国語であれば、英語が母国語であるネイティブや日本人の帰国子女から英語を教わることはお勧めしません。
彼らは幼いころから英語に触れ、自然に英語を扱えるようになった人たちです。そのため、すでに母国語が完成している日本人がどのように英語を話せるようになるかというノウハウを持っていません。

 

例えば、多くの日本人学習者がつまずくポイントとして、関係代名詞や仮定法、比較級などがあります。これらの文法をどのようにして会話で瞬間的に使いこなすかを、彼らは理論的に教えることができません。

 

しかし、私の場合は上記の説明を細かくすることができます。関係代名詞を会話で使いこなすためのオリジナルノウハウを構築しており、これが多くの日本人学習者が知りたいことです。

 

もしあなたが独学でこういったノウハウを得ようとしたら、何年もの努力が必要です。一方、私のようなプロから直接学べば、短期間で上記の知識をインプットすることができるのです。

 

このような理由から、日本人が英語を学ぶためには、第2言語として英語を身につけた日本人から教わることが必要不可欠なのです。
もしあなたが英語を最短距離でマスターをしたいのであれば、私の英語塾で学ぶことをお勧めします。英語塾でしか教えていないノウハウを、盛りだくさん用意しています。

 

ビジネス英語塾の案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です