ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

英語の文法:接続詞の基礎

ここでは、基本的な接続詞の使い方について説明します。日常会話においてはどれも欠かせない接続詞ですので、何度も音読して使いこなせるようになりましょう。接続詞とは、文章と文章を繋げる役目を果たすものを言います。

 

 and, so, because, but
基本的な接続詞はこの4つです。andは「そして」、soは「なので、だから」、becauseは「なぜなら」、butは「しかし」という意味です。

 

この4つの接続詞は非常に使いやすいです。なぜなら、日本語と同じ語順で文章を作ることができるからです。私たち日本人は必ず母国語の干渉が入るので、日本語を元に英語を作ることになります。これが理由で、上記の接続詞は使い勝手がよいのです。それでは、以下の例文で確認しましょう。

 

私は夕飯を食べ、そして映画を見に行きました。
I had dinner and went to see a film.

 

私は眠いです。だから今日は学校に行きたくありません。
I'm sleepy so I don't want to go to school today.

 

彼女は気分が落ち込んでいます。なぜなら、昨日彼氏と別れたからです。
She feels down now because she broke up with her boyfriend yesterday.

 

私は昨日試験に合格しましたが、彼は落ちてしまいました。
I passed the exam yesterday, but he failed.

 

以上は全て、2つの文章をつなげています。次は、andが2つの動詞や2つの名詞、形容詞、副詞などをつなげている文章を見てみましょう。

 

彼は夕飯を食べ、映画を見に行きました。
He ate dinner and went to see a film. (2つの動詞)

 

これは役に立つ最新の情報だ。
This information is new and useful. (2つの形容詞)

 

彼と私は祖国へ帰りました。
He and I went back to our home country. (2つの主語(名詞))

 

私はミカンとバナナがほしいです。
I want an orange and a banana. (2つの目的語)

 

このように、andは使用範囲が広く使いやすい接続詞です。so, butにも同じような使い方がありますが、これらに関しては上のレベルで説明します。

 

 when, while, before, after
whenは「~するとき」、whileは「~している間」、beforeは「~する前に」、afterは「~した後に」という意味です。これらの接続詞を含む文章は、全て副詞節と言います。節とは、主語と述語からなる文章を指します。

 

副詞節は語順にそれほど縛られる品詞ではなく、文頭、文中、文尾に置くことが可能です。以下の例文で、文頭と文尾の入れ替えを見てみましょう。

 

私がお風呂からでたとき、父が帰ってきた。
When I got out of the bath, my father came home.
= My father came home when I got out of the bath.

 

彼が図書館で勉強している間、私は授業を受けていました。
I was in class while he was studying in the library.
= While he was studying in the library, I was in class.

 

私たちが駅に到着する前に電車が行ってしまった。
Before we got to the station, the train left.
= The train left before we got to the station.

 

私たちが駅に着いた後に電車は到着しました。
After we got to the station, the train arrived.
= The train arrived after we got to the station.

 

上記で述べたように、私たち日本人は日本語の語順に近い英文を作るほうが簡単です。そのため、whenやafterなどの副詞節を先に話すことが、スピーキングでの流暢性を上げるコツとなります。文中に副詞節を置くパターンもありますが、これは上のレベルで学習します。

 

 時と条件を表す副詞節
上記で習った接続詞(when, while, before, after)は全て、時を表す詞節に分類されるものです。今度は条件を表す副詞節を見てみましょう。ifは条件を表す接続詞で、「~すれば……」という意味を表します。例文を見てみましょう。

 

彼がそれをやるなら、私もやります。
If he does it, I'll do it.
= I'll do it if he does it.

 

時や条件を表す副詞節では、主節が現在形か未来形であれば、日本語が過去形でも英語では現在系にします。主節とは、簡単に言えば「メインの文章」のことです。サブの文章は、上の例文であれば副詞節にあたります(主節と対比させて従属節と言います)。以下の文章を見てみましょう。

 

宿題が終わったら、外に出かけます。
I'll go out after I finish my homework.

 

afterを含むそれ以降は副詞節であり、主節の I'll go outが未来形になっています。副詞節内の日本語訳は過去形になっていますが、英語では現在形のままにします。日本人が日本語に引きずられて間違えやすいポイントですので、しっかりおさえておきましょう。

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ