英語の文法:先行詞を含む関係代名詞(what節)

先行詞を含む関係代名詞what節は、日常英会話で頻繁に使われる文法となります。これを理解するためには、関係代名詞の基礎をまずは学習してください。

 

 what節とは
whatは、言い換えればthe thing whichと同じです。意味は、「~なこと、もの」となります。下記の例文を見てみましょう。

 

私が知っていること
what I know
= the thing which I know
知られていること
what is known
= the thing which is known.

what以下の文章を全て含めて、what節と呼びます。上の例のように、what節は主格と目的格の2つであり、名詞節の役割を果たします。これはつまり、主語、補語、目的語にこの節を持ってくることができます。

 

 主語にくるwhat節
what節が主語にくる例文を見てみましょう。

 

私が知っていることはまだあまり知られていない。
What I know has not been known yet.
   主語
彼らが言うことは意味がわからない。
What they say doesn’t make sense.
   主語
make senseで「理にかなう、わかる」という意味です。

what節は単数形扱いとなりますので、what節内の主語が複数形(they, weなど)でも、メインの動詞は単数形となります(上の2文目を参照してください)。

 

 補語にくるwhat節
次に、what節が補語にくる例文を見てみましょう。

 

重要なことは彼が私たちに言ったことだ
The important thing is what he told us about.
                    補語
それが私が理解できないことだ。
That is what I don’t understand.
             補語

 目的語にくるwhat節
what節が他動詞や前置詞の目的語にくる例文を見てみましょう。

 

私は自分のやっている事を楽しんでいます。
I enjoy what I’m doing. (他動詞enjoyの目的語)
彼がしたことに彼女は不満を抱いていた。
She was complaining about what he did / what he had done. (前置詞aboutの目的語)

 what節と間接疑問文のwhat
what節は「~なこと、もの」という意味ですが、間接疑問文として使われる場合は「何が、を」という意味になります。しかし、2つの文にそれほど大きな意味の違いがない時もあります。下の例文で確認してください。

 

彼女が何をしたいのか理解できない。
I don’t understand what she wants to do. (間接疑問文)
彼女がしたいことが理解できない。
I don’t understand what she wants to do. (what節)

what節の説明はこれで以上となります。何度も例文を音読し、what節を使う感覚を身につけていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です