ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

英語の文法:関係代名詞(前置詞+関係代名詞)

ここでは、前置詞と共に使われる関係代名詞とwhomについて学習していきます。この使い方ができない人は多いので、理論をしっかりと学んでライティングやスピーキングで使えるようにしましょう。

 

この文法は、特に雑誌や新聞などで見かけることが多いです。また、フォーマルなスピーチでも使われますので、少なくとも読んだり聞いたりして理解できるようになっておくことが大切です。

 

 前置詞+関係代名詞
まず、基本的な関係代名詞の例文を見てください。

 

彼が話していた女性
The woman who he was talking to

 

この英文は、会話でも頻繁に使われる関係代名詞の使い方です。この前置詞のtoは、whoの前に持ってくることが可能です。以下のようになります。

 

The woman to whom he was taking

 

このように、前置詞を関係詞の前において表現することも可能です。「前置詞+関係代名詞」の語順は、前置詞がうしろに置かれるパターンと比べて硬めの表現となりますので、フォーマルなスピーチや書き言葉でよく使われます。

 

 whomについて
whom は目的格の関係代名詞のみに使うことができ、whoと比べて硬い表現です。例文を見てください。

 

私が好きな女性
The girl whom (= who) I like

 

しかし「前置詞+関係代名詞」の場合はwhoは使えず、whomのみとなります。この形は、非制限用法にも使えます。

 

サムは私と昨日話していたが、具合が悪そうだった。
Sam, to whom I was talking yesterday, looked sick.

 

 whoseとof which
whoseとof whichは、以下のように書き換え可能です。

 

赤い屋根の家
the house whose roof is red
= the house the roof of which is red

 

2番目の文章は、the houseとthe roof of it (= the house) is redが組み合わさった形となります。これは、主に書き言葉で使われます。

 

前置詞+関係代名詞の説明は、これで以上です。慣れないうちは、語順がややこしいのでなかなか使いこなすことができません。そのため、音読などをして語順を体にたたきこむことが重要となります。

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ