英語の文法:関係代名詞(前置詞+whose、主格の省略)

ここでは、前置詞+whoseの用法、thatの用法、そして関係代名詞の主格の省略について学習していきます。日常会話でも書き言葉でも使われる表現ですので、何度も音読して自分のものにしましょう。

 

 前置詞+whoseの用法
これは、前置詞+which, who, whomと同じ使い方です。堅い話し言葉や書き言葉でおもに使われる用法となります。まずは例文を見てみましょう。

 

あれは私がずっと居眠りをしていた授業だった。
That was the class during which I was sleeping. (前置詞+which)

次に、前置詞+whoseの用法を見てみます。

 

私はトムを長い間知っていたが、その家で私は彼の妻に会った。
I had known Tom for a long time, at whose house I met his wife.

これを日常会話では以下のように話されます。

 

I had known Tom for a long time and I met his wife at his house.

先行詞はTomであり、at his houseがat whose houseに変わってI metの前に置かれるという形となります。最初はややこしいですが、慣れてしまえばそれほど難しくはありません。

 

 関係代名詞thatのその他の用法
以下のような場合は、thatが好まれる傾向があります。しかし、規則というわけではないので、whichやwhoなどを使っても構いません。

 

 ・先行詞が最上級の形容詞や、first, only, veryなどで修飾されている場合

これは私が今まで食べた中で一番おいしい食べ物だ。
This is the most delicious food (that) I have ever had.

 

彼はこの問題を解くことができる唯一の人だ。
He is the only person that / who can solve this problem.

 ・先行詞がall, anything, everything, much, littleなどの場合

私が他にできることはありますか?
Is there anything else (that) I can do?
そのお店では、赤ちゃんの興味をそそるものがほとんどなかった。
There was little that interested babies in the store.

 ・先行詞が人の地位・職業・性格などで補語になる場合
この場合は制限用法として使われ、thatは補語として働きます。

 

彼は以前のようなピアニストではない。
He is not a pianist (that) he used to be.

 ・who, whichなどの疑問詞が直前にある場合

演劇の分かる人で誰が彼の演技がよかったと言えるだろう?
Who that could understand theater could say his acting was good?

この場合、疑問詞が関係詞の前にあるのでWho who could understandとは言えません。

 

 関係代名詞の主格の省略
目的格の場合、関係代名詞は省略されていることはよく知られています。

 

私が昨日会った男性
The man (who / that) I met yesterday

一方、主格でも関係代名詞が省略されることもあります。特に日常会話で使われる場合が多いです。

 

 ・There is (was) / Here is (was)に続く場合

それについてはどうすることもできない。
There is nothing (that) can be done about it.

 ・It is (was)に続く場合

チャンスをすべての人が得られるとは限らない。
It is not every person (that) gets a chance.

 ・関係詞節にthere isがある場合

彼女はあらゆるチャンスに恵まれている。
She has every chance (that) there is.

 ・関係代名詞の直後にI thinkなどの挿入節がある場合

彼は、私が思うにあなたを裏切る人だ。
He is the person (who) I think will betray you.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です