ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

英語の文法:省略(共通要素の省略、共通構文)

ここでは同じ単語が2回使われるときに省略される共通要素の省略と、共通構文について学習していきます。会話や書き言葉でも使われる用法なので、理論を理解して使いこなせるようにしましょう。

 

 共通要素の省略
1つの文章に2つ以上の同じ語句が使われる場合、どちらかを1つだけ残してあとは省略することができます。例文を見てみましょう。

 

私はアメリカで演劇を、イギリスで会計学を学んだ。
I studied Theater in the U.S. and (studied) Accounting in the U.K..

 

彼女は東京で何かをしていたが、何をしていたかは分からない。
She was doing something in Tokyo, but I don't know what (she was doing).

 

彼は私にりんごを渡し、彼女は私にバナナを渡した。
He gave me some apples and she (gave me) some bananas.

 

彼女はどのくらいジムに行くの? 週に3回です。
How often does she go to the gym? (She goes to the gym) three times a week.

 

このように、品詞は動詞、主語、目的語などが省略されます。

 

 共通構文
これも2つ以上の同じ語句は省略されるという基本的なルールがありますが、省略されない語句もあります。そのため、この構文を使いこなすためには決まり文句のように覚えてしまった方がよいです。例文を見てみましょう。

 

 ・助動詞と本動詞 (太字の部分が決まり文句です)

それはうそかもしれないし、そうでないかもしれない。
It may or may not be a lie.

 

この元の文章は、It may be a lie or it may not be a lie.となります。mayが2回使われているので、「may or not be a lieではないか」と思うかもしれません。しかしこれは決まり文句になっているので、mayは省略されません。

 

彼は今までうそをついたことはないし、これからもないだろう。
He has not and will not tell a lie.

 

 ・前置詞と目的語

 

名古屋の行きかえりに静岡に寄った。
I dropped in Shizuoka on my way to and from Nagoya.

 

 ・動詞と副詞

 

彼は韓国語を私と同じくらいか、もっと上手く話す。
He speaks Korean as well or better than I do.

 

 ・動詞と前置詞つきの句

 

彼は右を見て、そして左を見た。
He looked at the right and at the left.

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ