英語の文法:倒置、補語、目的語、副詞を文頭に置いて強調

ここでは、強調したい補語や目的語、副詞を文頭に置く倒置について学習していきます。これらはおもに書き言葉で使われますので、理屈を理解して倒置の文章を理解できるようにしましょう。

 

 補語を文頭に置いた強調
補語を使った文型は第2文型であり、S+V+Cの形となります。このCを強調するために、文頭に置くことができます。その場合は倒置が起こり、C+V+Sという文体になります。例文を見てみましょう。

 

鐘の音がかすかに鳴った。
Faint grew the sound of the bell.
 C

こういった倒置の文章を理解するためには、下記のように元の文章に戻してみると理解がしやすくなります。

The sound of the bell grew faint. (元の文章)

主語(S)が代名詞の場合、倒置は起こりません。

彼女は不運である。
Unlucky she is.

so ~ that構文やsuch ~ that構文が使われる場合は、倒置が起こります。that節以降は通常の語順となります。例文で確認しましょう。

 

彼の行ったことはとても偉大であり、全市民がそれを知っている。
So great was his deed that all citizens know it.
  C
= His deed was so great that all citizens know it.
車はとても便利なため、ほとんどの人が所有している。
Such is the convenience of cars that most people have ones.
 C
= The convenience of cars is such that most people have ones.

 目的語を文頭に置いた強調
目的語が文頭に置かれる場合、倒置は起こりません。ただし、否定語が目的語になっている場合は倒置が起こります。例文を見てみましょう。

 

そんなことは私にはできない。
That I can’t do.
 O
= I can’t do that.
空には雲ひとつなかった。
Not a single cloud could I find in the sky.
    O

  副詞を文頭に置いた強調
運動の方向や場所などを表す副詞が文頭に置かれる場合、倒置が起こります。ただし、主語が人称代名詞(he, sheなど)の場合は普通の語順となります。

 

雨が降ってきた。
Down came the rain.
 副詞
= The rain came down.
それが落ちてきた。
Down it came.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です