英語の文法:全体否定と部分否定

ここでは、全体否定と部分否定、そして否定の慣用表現について解説していきます。全体否定と部分否定は使い間違える学習者が多いので、ここでしっかりと学んでいきましょう。

 

 全体否定と部分否定
「(全く)~ではない」のように、文章全体を否定している文を全体否定と言います。一方、「~というわけではない」という文章の一部分を否定している文を部分否定と言います。下記の例文を見てみましょう。

 

皆それをしたくない。
No one wants to do it. (全体否定)
皆がそれをしたいわけではない。
Not everyone wants to do it. (部分否定)
彼はその本をどちらとも読まなかった。
He read neither of the books. (全体否定)
彼はその本をどちらとも読んだわけではなかった。
He didn’t read both of the books.  (部分否定)

このように、部分否定の場合はnotとある特定の単語が組み合わさって構成されます。下記のように、部分否定を作ることができる単語は決まっています。

 

all, every, everyone, both, always, necessarily, wholeなど

 否定を表す慣用表現
以下の慣用表現は、会話でも使われます。何度も音読して暗記しましょう。

 

彼は決して完璧ではない。
He is anything but perfect.
= He is not perfect at all.

会話では、2文目が使いやすいです。

 

正直者どころか、彼は大ウソつきだ。
Far from being honest, he’s a big liar.

「~とは程遠いものだ」というのが直訳です。これを副詞として使えば、上記のように「~どころか」という意味になり日本語と同じ語順で話せます。

 

彼はビジネスで成功することができなかった。
He failed to succeed in the business.
= He couldn’t succeed in the business.

会話では、2文目が使いやすいです。

 

彼は決してそんなことをする人ではない。
He is the last person to do such a thing.
= He is the last person that does such a thing.

 

彼はまだ来ていない。
He has yet to come.
= He is yet to come.
= He hasn’t come yet.

会話では、3文目が使いやすいです。日本語に引きずられて、is not yet to doなど言ってしまいがちだからです。

 

それはまだわかっていない。
That remains to be seen.

 

彼はそんなことをするほど馬鹿ではない。
He knows better than to do such a thing.

 

彼はその窓を開けようとしたが無駄だった。(できなかった)
He tried to open the window, (but) in vain.
= He tried to open the window only to fail.
= He tried to open the window, but he couldn’t.

「~したがだめだった」という意味になり、日本語と同じ語順で話すことができるので便利な表現です。時制の一致や複数といった変化もないので、このままの形で覚えてしまえばよいです。また言い換え表現で、with no successも会話で使われます。

 

その教授の講義は難しすぎた。(私の理解を超えていた)
The professor’s lecture was beyond me.

この形はいくつか慣用表現があります。会話でも使われますので、ここでまとめて覚えてしまいましょう。

 

~の手におえない
beyond someone’s control
~の想像を超える
beyond someone’s imagination
~には理解できない
beyond someone
この地域は空気汚染がない。
This area is free from air pollution.
= This area has no air pollution.
= There is no air pollution in this area.

会話では、2か3文目が使いやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です