ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

日本語の文章を元に、スラスラと正確な英語に訳していく方法

私たち成人の日本人が英語を自在に使いこなすためには、まずは母国語である日本語を元に英文を作ることが大切です。「英語を英語で考える」ことは、そのあとにできるようになります。ここでは、日本語を元にどのようなプロセスで英文を作るか、実際に見ていきましょう。

 

例えば、頭の中で以下の和文が思いついたとします。

 

彼は転職するべきかどうか躊躇している。家族を養うだけの給料がもらえないのが理由だ。

 

まずは、「彼は転職するべきかどうか躊躇している」の部分から訳し始めます。英語の基本的な語順は「主語+動詞+目的語」なので、まずは主語を決めます。ここでは「彼」が主語です。

 

次に動詞を決めますが、「転職する」と「躊躇する」の2つがあります。英語では、メインとなる動詞を先に言います。そのため、「転職するべきかどうか(について)躊躇している」と考え、メインの動詞は「躊躇している」と決めます。ここでは ditherを使っていきますが、hesitateでも構いません。

 

では、「~について躊躇する」は何と表現するでしょうか? 答えはdither overです。ここで、「ditherの後ろにはoverという前置詞がくる」という語法の知識が問われます。

 

 

「転職する」はswitch (=change)jobsと言います。「~するべきかどうか」についてはwhether he should ~ (or not)で表現できます。

 

Whetherの構文は名詞節を作れるので、dither overという前置詞の後ろに持ってくることが可能です。これで「彼は転職するべきかどうか躊躇している」の部分が作れます。

 

He is dithering over whether he should switch jobs (or not).

 

つぎに、「家族を養うだけの給料がもらえないのが理由だ」を訳します。「給料をもらう」はget a salary です。「家族を養う」は support his familyです。

 

では、「家族を養うだけの給料がもらえない」はどう処理すればよいでしょうか。ここで、enough to構文を思いつくかどうかがカギとなります。

 

He can't get enough salary to support his family.
(またはso that構文を使ってもよいでしょう)

 

「~が理由だ」の部分ですが、The reason is thatで訳すことができます。

 

The reason is that he can't get enough salary to support his family.

 

全文を訳すと以下のようになります。

 

He is dithering over whether he should switch jobs (or not). The reason is (that) he can't get enough salary to support his family.

 

これでも良いですが、「彼は転職するべきかどうか躊躇している」と「家族を養うだけの給料がもらえないのが理由だ」はピリオドを打つまでして区切る必要はありません。その代わりに、以下のような独立分詞構文を使います。

 

He is dithering over whether he should switch jobs (or not), the reason being (that) he can't get enough salary to support his family.

 

これで以上です。最初はこの文章を作るのに3分~5分ほどかかるでしょう。「転職する」や「養う」を何と言えばよいか、またそれぞれのフレーズをどのようにつなげればよいかなどで迷うのです。

 

ただ、最初はそれでも全く問題ありません。それよりも、正確な英文を作れるようになる方がよっぽど重要です。このようなプロセスで英文を作っていけば、徐々に文章を作るスピードが速くなっていきます。また、「enough toや独立分詞構文がどういった状況で使えるか」が感覚的に分かってきます。

 

そのレベルまで達したら、先の例で示したような日本語を思いついたときに1秒以内に英語で話し始めることができます。そうすれば、「英語を英語で考える」境地に次第に近づくことが可能となるのです。

 

スピーキングやライティングで必要な文法や単語に関しては、当サイトで全て解説してあります。そこでしっかりと文法知識を身につけ、英文を自由に作れるように練習してください。

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

関連ページ

英語をマスターするにあたり、文法知識は必須である
英会話をマスターするには受験英語の勉強が必要である
クイックレスポンスで単語力をつける
英語の語法を学ぶ重要性
英語コロケーションの重要性
例外的な意味を持つ単語の覚え方
英語独り同時通訳の具体的な勉強法
一人で英語を話す練習をしているときに英文は書いてはいけない
英語を話す際は、母国語を最大限に活用する
日英通訳トレーニングを英会話に活かす
音読をして英語の文章をスラスラと言えるようにする方法
英文音読の具体的なやり方
英文音読をするときの音読スピードはどのくらいが適切か
英語音読のスピードを意識していますか?
スピーキング練習にネイティブ音声は必要ない
自分のこと、身の回りのことを全て英語で言えるようにする
英訳本を用いたスピーキング練習法
英会話における決まり文句の重要性
英作文はするな、英借文をしなさい
英語を話す時は、恥ずかしがらずに堂々と間違える
ネイティブらしい英語よりも先に標準英語をマスターする
日本語特有の表現を前もって英訳できるようにしておく
同時通訳のプロセスを応用し、英語を文頭から作れるようにする
難しい日本語は簡単な日本語に変換してから英語に訳していく
英語で長い文章を話すときのコツ
英会話スクールで効果的に英語力を上げるには
日本語を英語に訳出する際に重要なのは日本語か英語か
精読なき速読は誤読しているのと同じである
リーディングにおける単語と精読の具体的な学習法
品詞分解をして正しい英文読解を目指す
速読が早くなればなるほどリスニング力に活かされる
サイトラで英文を頭から理解できる訓練をする
リーディングで頭から英文を読むことができるようになるために
英文を頭から聞いて理解する方法
精聴なき速聴は誤聴しているのと同じである
ディクテーションこそ最も効果的な学習法である
英文の速読はどのくらいの早さが理想か
オススメのリスニング無料学習サイト
TOEIC等の試験の英語は聞き取れるが、生の英語が聞き取れない理由
洋画や海外ドラマを字幕なしで聞き取れるようになるためには
ネイティブによる添削だけではライティング力は伸びない
発音はアクセントさえ間違えなければよい
コロケーションを意識した日本語力の身につけ方
通訳学校にも行かずに独学で出来る日英通訳練習