英語を話す際は、母国語を最大限に活用する

英語を学ぶ際、多くの講師は「英語は英語で考えるべきだ」と言います。確かにこの境地に達することが、英語学習においての最終ゴールです。しかし、初級・中級者がこの教えに従おうとすると、英語力を効果的に伸ばすことができなくなります。

 

「英語を英語で考える」は、大量の英文を暗記することでようやくそれが可能になってきます。ただ、私たち日本人は日本語が第1言語であるため、第2言語である英語が母国語を越えることは不可能です。

 

そのため、ネイティブと会話しているときはどうしても日本語の文章が頭の中で思いついてしまうことがあります(トッププロの同時通訳者でも、英語で考えるのは半分くらいだと言っています)。

 

ただ、それでも問題ありません。私たちプロは、母国語を最大限に利用して英語を話しています。それでは、以下に詳しく解説をしていきます。

 

 母国語を活用して複雑な英文を作れるようにする
「英語を英語で考える」のは理想ですが、話す内容が複雑になればなるほどそれが難しくなります。例えば、恋愛話や助言などといった抽象概念を英語だけで考えていては、口から発するまでにかなりの時間がかかってしまいます。

 

このような場合はまず英語で考えるのをやめ、日本語で言いたいことを考えるようにしましょう。慣れ親しんだ母国語を使った方が、考えをまとめるのは簡単であり、かつ早く行えます。

 

日本語で話したい内容が決まれば、あとはそれを素早く英語に転換し、口から発するだけです。つまりこれは、自分自身で同時通訳を行っているような感覚です。

 

私自身も英語を話している際、5~6割は英語で考えますが、残りは日本語で考えています。前述のとおり、トップの同時通訳者であっても、すべて英語で考えているわけではありません。

 

 日本語を考えながら英語を話す具体的な方法
英語を話す際は、まずは言いたいことを日本語で考えましょう。その日本語の文章を、英文法の知識を使って素早く英語に転換し、口から発するトレーニングをすることが効果的です。文法に関する重要性については、「英語をマスターするにあたり、文法知識は必須である」をご覧ください。

 

始めに日本で考えるとなると、話し始めるまでにとても時間がかかるように感じます。しかし実際は、頭の中で日本語の文章を組み立てるのに1秒~1、5秒、日本語を英語に転換して口から出し始めるのに0、5秒ほどです。

 

これは訓練と慣れの問題です。慣れてないうちは日本語から英語に転換するまでにものすごい時間がかかります。例えば、「彼は試験に合格したことが分かってうれしそうだった」と表現するとしましょう。そうすると、最初は頭の中で以下のように考えます。

 

「うれしそうだった」なので、ここでlookedが使える。looked の後は形容詞を持ってこれるからhappyが使える。「分かって」はfindでhappyの後はto不定詞が来れるから、findは原型のままにして、find以下の文章は時制の一致が起こって……。

このように1つ1つの単語を英語に変換し、さらに文法も考えないといけないので、最初は英文を作るのにとても時間がかかるのです。

 

ちなみにこの日本文に対する英訳は、私なら「He looked happy to find (that) he had passed the exam. 」とします。慣れてくれば、このくらいの長さの文章であれば、日本語を介さずにそのまま英語を口から発することが可能になります。いわゆる「英語を英語で考える」という境地です。

 

しかし、最初は上記のように丁寧に英文を作っていき、文法を意識しましょう。スピードはあとからついてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です