ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

例外的な意味を持つ単語の覚え方

英単語を覚えているときに、全く予想していなかった意味を持つ単語に出会うことがたまにあります。私がイギリスに留学をしていたとき、このような単語がたくさん使われていることに気づきました。

 

ネイティブは私が通訳者であることを知っているので、容赦なく色々なスラングや口語表現などを私に使ってきます。私はわからない単語に出会ってはメモをとり、家に帰って辞書で調べ直して暗記するという作業を繰り返していました。

 

例外的な意味を持つ単語の一つに、a bully ideaというものがあります。多くの人は、bullyを「いじめ」という意味で覚えています。ただ、この訳を当てはめて「意地悪な案」としてはいけません。日本語としては意味が通じますが、英語ではそういった意味では通りません。

 

こういった例外的な意味を持つ単語を覚えなければ、日常会話ではネイティブの言っていることがわからないことだらけです。

 

それでは、どのようにこういった訳を暗記していけばよいでしょうか。これについては、以下の動画で解説しています。

 

 

私がイギリスでネイティブの友人と話をしていたときのことです。私はこのように言いましたI got 80 marks on the exam!。すると、友達はこの発言に対し、That's outrageous!と答えました。

 

私はビックリしました。なぜなら、outrageousの本来の意味は、「馬鹿げている、言語道断である」という意味だからです。ネイティブは私が混乱していることを察知し、Oh, I mean that's great!と言い直してくれました。

 

ここで私は、outrageousはスラングで「すごい」という意味もあるのだと初めて知りました。ちなみに、outrageousはアメリカのスラングです。イギリス人の彼はアメリカが好きなので、このような単語を知っていたのだと思います。

 

この他にも、championという単語があります。元の意味では、「優勝、チャンピオン」と暗記している人が大多数だと思いますし、私もそうでした。ただ、この単語を辞書で調べてみてください。

 

championには動詞の意味もあり、「~を擁護する、支持する」という意味もあります。これは新聞でも頻繁に使われる単語であり、私はここからchampionの新しい意味を暗記しました。

 

このように、英語には本来の意味とはかけ離れた意味を持つ単語が数多く存在します。とくに、日常会話ではこういった単語が頻繁に使われます。

 

あなたがもし、ネイティブのスラング混じりの会話を聞き取れるようになりたいのであれば、こういった例外的な意味を持つ単語を覚えなければなりません。

 

学習法としては、ひたすら本を読んだり海外ドラマや洋画などで一つずつ覚えていくしかありません。ネイティブの文章や言ったことに対して、少しでも意味がわからない単語があったらすぐに辞書で調べてください。自分の予想とは大きく異なる意味をもった単語に出会うときがあります。

 

これはかなり地味な勉強法です。ただ、様々な文脈でどのように単語が使われているかを理解することにより、今後自分がそれらの単語を適切に使うことができます。

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

関連ページ

英語をマスターするにあたり、文法知識は必須である
英会話をマスターするには受験英語の勉強が必要である
クイックレスポンスで単語力をつける
英語の語法を学ぶ重要性
英語コロケーションの重要性
英語独り同時通訳の具体的な勉強法
一人で英語を話す練習をしているときに英文は書いてはいけない
英語を話す際は、母国語を最大限に活用する
日本語の文章を元に、スラスラと正確な英語に訳していく方法
日英通訳トレーニングを英会話に活かす
音読をして英語の文章をスラスラと言えるようにする方法
英文音読の具体的なやり方
英文音読をするときの音読スピードはどのくらいが適切か
英語音読のスピードを意識していますか?
スピーキング練習にネイティブ音声は必要ない
自分のこと、身の回りのことを全て英語で言えるようにする
英訳本を用いたスピーキング練習法
英会話における決まり文句の重要性
英作文はするな、英借文をしなさい
英語を話す時は、恥ずかしがらずに堂々と間違える
ネイティブらしい英語よりも先に標準英語をマスターする
日本語特有の表現を前もって英訳できるようにしておく
同時通訳のプロセスを応用し、英語を文頭から作れるようにする
難しい日本語は簡単な日本語に変換してから英語に訳していく
英語で長い文章を話すときのコツ
英会話スクールで効果的に英語力を上げるには
日本語を英語に訳出する際に重要なのは日本語か英語か
精読なき速読は誤読しているのと同じである
リーディングにおける単語と精読の具体的な学習法
品詞分解をして正しい英文読解を目指す
速読が早くなればなるほどリスニング力に活かされる
サイトラで英文を頭から理解できる訓練をする
リーディングで頭から英文を読むことができるようになるために
英文を頭から聞いて理解する方法
精聴なき速聴は誤聴しているのと同じである
ディクテーションこそ最も効果的な学習法である
英文の速読はどのくらいの早さが理想か
オススメのリスニング無料学習サイト
TOEIC等の試験の英語は聞き取れるが、生の英語が聞き取れない理由
洋画や海外ドラマを字幕なしで聞き取れるようになるためには
ネイティブによる添削だけではライティング力は伸びない
発音はアクセントさえ間違えなければよい
コロケーションを意識した日本語力の身につけ方
通訳学校にも行かずに独学で出来る日英通訳練習