ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

TOEIC等の試験の英語は聞き取れるが、生の英語が聞き取れない理由

「TOEICや英検1級などのリスニングセクションで高得点を取れるが、実際の英語が全く聞き取れない」という相談をよく受けます。

 

考えられる理由の1つとして、生の英語特有のなまりに慣れていないことがあります。また、実際の話されるスピードが試験のスピードよりも圧倒的に速いことも原因です。

 

 市販の教材では説明されていない発音の崩れのルール
リスニングを学習する際、単語同士が繋がって1つの単語として聞こえる「リエゾン(連結)」や、単語の最後の音が発音されなくなる「脱落」など音のルールを学んだ人は多いです。例えば、「an apple」は連結が起こり、「アナァポー」と聞こえます。

 

しかし生の英語では、市販のリスニング本や英語学習サイトではあまり説明されていないさらなる連結や脱落が起こっています。

 

たとえば「Did she」の場合、多くの本では「ディッシーと聞こえる」と説明しています。しかし、実際の会話ではさらに省略されます。「ディッシー」ではなく、「ッチ」と聞こえるのです。「Did she take that?」の場合は、試験やフォーマルな英語は「ディッシテイッザ?」と聞こえます。日常英会話の英語では、「ッチテイザ?」と聞こえます。

 

他にも、do you~?は「ディユ」ではなく、「ジュまたはジャ」と聞こえます。ただし、これらは全て親しい間柄の中での発音であり、ビジネスやフォーマルの場では、もう少しきれいな発音をします。

 

 国や地域、一人ひとり独特の訛りが一番の壁
リスニングができない原因はこれだけではありません。国や地域、さらには人によって独特の訛りがあります。これによってさらに聞き取りにくくなります。一番分かりやすい例としては、国によって発音が違うことです。アメリカとイギリスには、多くの発音の違いがあります。

 

例えば「R」の発音をするときは、アメリカ英語では舌の先を上げてこもった音を出します。一方、イギリス英語では舌の先を上げません。また、「dog」の発音ではアメリカ英語では「ダーッグ」と聞こえます。イギリス英語では、「ドッ(グ)」と日本語のように聞こえます。

 

発音に関しては、カナダ英語やオーストラリア英語など、他にも多くの種類があります。これについては、それぞれ自分が学びたい国の発音を勉強するとよいでしょう。

 

地域による発音の違いもあります。例えば、私はイギリスのノッティンガムという地域に3年間滞在していました。始めの数ヶ月は、そこに住んでいるイギリス人の英語に慣れることにとても苦労したものです。

 

この地域出身の人たちは、多くの場合「T」の音を発音しません(Tにアクセントがついている場合を除きます)。そのため、「I've got a lot of letters.」という英文を話す場合、「アィ(ヴ)ゴッァロッォレッァー」という風に聞こえます。

 

上記の国や地域による発音の違いに比べ、人によって異なる発音を聞き取るのが一番大変です。はっきりと話してくれる人もいますが、あまり口を動かさずにこもった発音で話す人もいます。これによっても、聞き取りやすさが大きく変わります。

 

このような問題があるため、生の英語を聞き取れない人が圧倒的に多いです。TOEIC900点や英検1級を取得したとしても、ドラマや映画、そして日常会話の生の英語を聞き取れない人がいまだに多いのは、上記の2点が主な原因です。

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

関連ページ

英語をマスターするにあたり、文法知識は必須である
英会話をマスターするには受験英語の勉強が必要である
クイックレスポンスで単語力をつける
英語の語法を学ぶ重要性
英語コロケーションの重要性
例外的な意味を持つ単語の覚え方
英語独り同時通訳の具体的な勉強法
一人で英語を話す練習をしているときに英文は書いてはいけない
英語を話す際は、母国語を最大限に活用する
日本語の文章を元に、スラスラと正確な英語に訳していく方法
日英通訳トレーニングを英会話に活かす
音読をして英語の文章をスラスラと言えるようにする方法
英文音読の具体的なやり方
英文音読をするときの音読スピードはどのくらいが適切か
英語音読のスピードを意識していますか?
スピーキング練習にネイティブ音声は必要ない
自分のこと、身の回りのことを全て英語で言えるようにする
英訳本を用いたスピーキング練習法
英会話における決まり文句の重要性
英作文はするな、英借文をしなさい
英語を話す時は、恥ずかしがらずに堂々と間違える
ネイティブらしい英語よりも先に標準英語をマスターする
日本語特有の表現を前もって英訳できるようにしておく
同時通訳のプロセスを応用し、英語を文頭から作れるようにする
難しい日本語は簡単な日本語に変換してから英語に訳していく
英語で長い文章を話すときのコツ
英会話スクールで効果的に英語力を上げるには
日本語を英語に訳出する際に重要なのは日本語か英語か
精読なき速読は誤読しているのと同じである
リーディングにおける単語と精読の具体的な学習法
品詞分解をして正しい英文読解を目指す
速読が早くなればなるほどリスニング力に活かされる
サイトラで英文を頭から理解できる訓練をする
リーディングで頭から英文を読むことができるようになるために
英文を頭から聞いて理解する方法
精聴なき速聴は誤聴しているのと同じである
ディクテーションこそ最も効果的な学習法である
英文の速読はどのくらいの早さが理想か
オススメのリスニング無料学習サイト
洋画や海外ドラマを字幕なしで聞き取れるようになるためには
ネイティブによる添削だけではライティング力は伸びない
発音はアクセントさえ間違えなければよい
コロケーションを意識した日本語力の身につけ方
通訳学校にも行かずに独学で出来る日英通訳練習