英語で長い文章を話すときのコツ

多くの日本人がスピーキングで悩んでいることは、長い文章をスラスラと正確に作ることができないということです。英語の文章は長くなればなるほど高度な文法知識を要求されるので、それに比例して英文を作るスピードも遅くなる傾向にあります。

 

1文が長くなる場合、英語と日本語では「文章のどの部分を最初に話すか」が違ってきます。例えば、「準備ができたら教えてね」という場合、英語では「Let me know when you’re ready.」というように、メインの文章である「Let me know」を先に言うということがよくあります(もちろん文脈によってはwhenの節を先に言うこともあります)。

 

上記の文章はまだ短いので、英文を比較的早く作れます。それでは、以下の文章を英語で話す場合はどうでしょうか。

 

私は今回のレポートで、現在日本企業が直面している問題は何か、そして企業の社会的責任を果たすためにはどのような対策を講じるべきかについて書くつもりだ。

このような長い文章の場合、英語では「I’m going to write」から先に書くことがほとんどです。このように、同じ文章でも話し始める箇所が違うのです。

 

長い文章を作るときのポイントですが、「主語とメインの動詞を何にするか」を瞬間的に決めることが重要です。そして、なるべく日本語の語順通りに訳すことです。つまり、日本語を発想した順に訳せるようにするのです。

 

その後に、英語文章の基礎の型である5文型のいずれかに即して訳し始めます(5文型は正しい文章を作るために必要なので、必ず覚えてください)。

 

まずは主語とメインの動詞を決めます。ここでは I と writeにします。そして、日本語の語順通りに訳します。「今回のリポートで」は副詞句ですので、文頭に持ってくることができます。そこで、「In this report, I’m going to write about」と話し始めます。

 

その後、日本語の語順に従って「現在日本企業が直面している問題は何か」を訳します。ここでは、「what is (are) current issues Japanese corporations are facing」と表現します。

 

次に、「企業の社会的責任を果たす為にはどのような対策を講じるべきか」を訳します。これも日本語の語順通りに訳すと、「and, in order to fulfill corporate social responsibility, what measures they should take.」となります。

 

全文を訳すと、以下のようになります。

 

In this report, I’m going to write about what is(are) current issues Japanese corporations are facing and, in order to fulfill corporate social responsibility, what measures they should take.

ちなみに、日本語の語順にもっとこだわるならば以下のような訳になります。

 

私は今回のレポートで、現在日本企業が直面している問題は何か、そして企業の社会的責任を果たす為にはどのような対策を講じるべきかについて書くつもりだ。

 

In this report, what are current issues Japanese corporations are facing and, in order to fulfill corporate social responsibility, what measures should they take? This is what I’m going to write about.

私がもし同時通訳をしている場合は、おそらくこのように訳すでしょう。しかし、英語の語順を体得していれば「主語+メインの動詞が先」ということは分かっているはずなので、「I’m going to write」と始めた方がより自然になります。ちなみに、「I’m going to write in this report about」としても良いです。

 

このようなプロセスをたどれば、英語を長文で話すことがかなり楽になります。では、もう一度大事なポイントをおさらいします。

 

1.主語とメインの動詞を瞬間的に決める。
2.日本語の語順にこだわる。
3.5文型のいずれかに即して英訳を始める。

この3つをしっかりと意識して、長い文章を話す練習を何度もしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です