ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

発音はアクセントさえ間違えなければよい

英語を学習し始める人の多くが最初につまずくポイントとして、発音があります。英語の発音は日本語の発音と全く違うので、初めはとても苦労します。多くの人は、できるだけネイティブに近づけようと努力します。

 

しかし、発音はアクセントさえ間違えなければ多くの場合通じます。例えば、 interestingの正しいアクセントの位置は最初の in の部分です。もしこれを無視して res にアクセント置いて発音してしまうと、ネイティブには通じません(文脈から判断して、「interestingと言いたいのだな」と理解してくれることはあります)。

 

それさえ気を付ければ、あとはどんなに日本人英語だとしても通じるものです。ただ、基礎的な発音はできるようにしておいた方がよいでしょう。

 

例えば、ship 「船」と sip 「吸う」は日本語的に発音すれば「シップ」となります。しかし、このまま発音してしまうと相手には「船」という意味にとられてしまいます。そのため、sipと言いたいければ「スィップ」という感じで発音をします(カタカナで発音の表記は難しいので、教材を購入して勉強してください)。

 

教材は市販の物であればどれでも構いません。自分が使いやすいと思う本を購入していただければ大丈夫です。

 

もう1つ考慮すべきこととして、英語には様々な英語があります。アメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語、カナダ英語など、実に多様です。どの英語の発音が好きかは人それぞれですので、この点も考慮して市販で売られている発音の本を購入し、勉強をしてください。

 

また、将来的には発音記号を読めるようになっておいた方が良いです。これさえあれば、例え初めての単語に出会ったとしてもネイティブの発音を聞かずに自分で発音ができるようになります。

 

また、英和辞書や英英辞書にはどの単語にも必ず発音記号が書かれています。新しい単語を調べる際には、それも確認して正しい発音を覚えることが重要です。特に、アクセントの位置には十分気を付けましょう。

 

それぞれの発音記号の意味は市販の教材にも大体書かれていますので、それを参考にすれば大丈夫です。

 

では、リスニング力を上げるために自分もネイティブのような発音で話せるようにならなければいけないのでしょうか。いいえ、必要ありません。リスニングとスピーキングは別の能力です。いくら自分の発音が日本人発音でも、ルールさえ体得していれば生の英語を聞き取ることはできます。

 

未だに「生の英語を聞き取れるようになるためには自分もそういった発音を身につけなければいけない」と言っている本やサイトもありますが、そのような必要はありませんのでご安心ください。

 

もう一度言いますが、アクセントさえ間違えなければ英語は最低限は通じます。なぜなら、ネイティブはアクセントを頼りに英語を聞き取っているからです。例えば、「ライターを持ってるか?」 Have you got a lighter?という場合、「ッビュゴッァラィッァー?」と聞こえます(イギリス英語です)。

 

見れば分かる通り、haveを除いてアクセントの部分を強調しているのがお分かりになるかと思います。このアクセントの部分を頼りに、ネイティブは英語を聞き取っています。

 

こういった理由で、発音がどれだけ日本人であろうがアクセントさえしっかり強調すれば通じます。

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

関連ページ

英語をマスターするにあたり、文法知識は必須である
英会話をマスターするには受験英語の勉強が必要である
クイックレスポンスで単語力をつける
英語の語法を学ぶ重要性
英語コロケーションの重要性
例外的な意味を持つ単語の覚え方
英語独り同時通訳の具体的な勉強法
一人で英語を話す練習をしているときに英文は書いてはいけない
英語を話す際は、母国語を最大限に活用する
日本語の文章を元に、スラスラと正確な英語に訳していく方法
日英通訳トレーニングを英会話に活かす
音読をして英語の文章をスラスラと言えるようにする方法
英文音読の具体的なやり方
英文音読をするときの音読スピードはどのくらいが適切か
英語音読のスピードを意識していますか?
スピーキング練習にネイティブ音声は必要ない
自分のこと、身の回りのことを全て英語で言えるようにする
英訳本を用いたスピーキング練習法
英会話における決まり文句の重要性
英作文はするな、英借文をしなさい
英語を話す時は、恥ずかしがらずに堂々と間違える
ネイティブらしい英語よりも先に標準英語をマスターする
日本語特有の表現を前もって英訳できるようにしておく
同時通訳のプロセスを応用し、英語を文頭から作れるようにする
難しい日本語は簡単な日本語に変換してから英語に訳していく
英語で長い文章を話すときのコツ
英会話スクールで効果的に英語力を上げるには
日本語を英語に訳出する際に重要なのは日本語か英語か
精読なき速読は誤読しているのと同じである
リーディングにおける単語と精読の具体的な学習法
品詞分解をして正しい英文読解を目指す
速読が早くなればなるほどリスニング力に活かされる
サイトラで英文を頭から理解できる訓練をする
リーディングで頭から英文を読むことができるようになるために
英文を頭から聞いて理解する方法
精聴なき速聴は誤聴しているのと同じである
ディクテーションこそ最も効果的な学習法である
英文の速読はどのくらいの早さが理想か
オススメのリスニング無料学習サイト
TOEIC等の試験の英語は聞き取れるが、生の英語が聞き取れない理由
洋画や海外ドラマを字幕なしで聞き取れるようになるためには
ネイティブによる添削だけではライティング力は伸びない
コロケーションを意識した日本語力の身につけ方
通訳学校にも行かずに独学で出来る日英通訳練習