ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

独り同時通訳:教室の情景描写

 Question
①達也と彼のクラスメートは英語の勉強をしています。②彼らの先生の名前はスミスです。③彼はとても良い先生です。④教室には約30台の机と椅子があります。⑤先生の机はドアの近くです。⑥生徒全員が、スミス先生のことがとても好きです。⑦彼もまた、彼らのことが好きです。

 

 Answer
①Tatsuya and his classmates are studying English. ②Their teacher's name is Mr. Smith. ③He is a very good teacher. ④There are about thirty desks and chairs in the classroom. ⑤The teacher's desk is near the door. ⑥All the students like Mr. Smith very much. ⑦He likes them, too.

 

 Notes
① 主語がTatsuya and his classmatesなので、そのあとにくるbe動詞は複数形のareにします。単数形のisではありません。「勉強をしています」なので、ここでは現在進行形を使って表現します。進行形の形は、be動詞+動詞のうしろにingをつけます。studyingは他動詞であり、うしろに目的語を持ってくることができます。この文では、Englishが目的語にあたります。

 

② 「彼らの先生の名前」は、所有格が2つ連続で続いている形です。teacherにも( 's)をつけることを忘れないようにしましょう。「スミス」の敬称はMr.であり、これは男性に使われます。

 

③ 「とてもよい先生」はvery good teacherです。teacherは数えられる名詞(可算名詞)なので、a very good teacherとします。

 

④ 約~はaboutです。「~がある」という存在を表す構文は、There isです。ただ、ここはdesks and chairsと複数形になっているので、There areとします。場所を表す副詞in the classroomは、There is構文では最後に持ってきます。

 

⑤ 「~の近くに」はnearです。

 

⑥ 「全ての~」はallを使います。 どの生徒を指しているか分かっているので、ここでは定冠詞のtheが使われています。theは通常、形容詞と名詞の前に置かれることが基本ルールです。しかし、allが一緒に使われる場合、theはallのうしろに置かれてall the studentsとなります。 「~がとても好きだ」はlike~very muchと覚えておきましょう。 

 

⑦ 「~もまた」は、文章の最後にコンマを打ってそのあとにtooと言います。

 

 

 

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ