ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

英語の文法:前置詞

ここでは、前置詞に関する基本的な説明と、スピーキングやライティングで正しい前置詞を使えるようになるための方法を解説します。

 

「on, at, in, by」などの単語を、前置詞と言います。前置詞は、冠詞や形容詞などと同じく、名詞の前に置かれます。

 

 前置詞を使った語順
前置詞の語順は、「前置詞+冠詞、所有格+形容詞+名詞」となります。所有格とは、「his, their, this, those, Taro's」のような、名詞を修飾する単語を指します。例文で確認しましょう。

 

部屋の中で
in a room

 

小さい部屋の中で
in a small room

 

彼女の小さい部屋の中で
in her small room

 

 前置詞をスピーキングやライティングで正しく使えるようになるためには
英語の世界では、「前置詞6年冠詞8年」と言われています。前置詞を使いこなすためには、それほど長い年月が必要とされます。

 

多くの人は、前置詞単体だけで暗記しようとします。しかし、それではいつまでたっても前置詞を正しく使えるようにはなりません。前置詞は、必ず他の単語と一緒に使われます。そのため、前置詞を単体で覚えるのではなく、フレーズ単位で覚えることが効果的です。

 

例えば、「~へ行く」は「go to」となり、「~から来る」は「come from」というかたまりで暗記します。このようにすれば、英語を話しているときに前置詞を考える負荷を減らすことができます。つまり、「go to」というかたまりで覚えてしまえば、「goの後に来る前置詞は何か」を考えなくてもよいのです。

 

このようにして、これからは1つのかたまりで前置詞を覚えていきましょう。以下で基本的な前置詞を学習していきましょう。

 

 前置詞「on」
onは「接触」が本来の意味になります。そこから派生して、「~の上に」、「~に掛かって」などといった意味になります。例文で確認しましょう。

 

その本はあの机の上にあります。
The book is on that desk.

 

その絵画は(その)壁に掛かっています。
The painting is on the wall.

 

ハチが(その)天井にとまっています。
A bee is on the ceiling.

 

 前置詞「in」
inは「~の中に」という意味です。この前置詞は、日本語から直訳できますので使いやすい前置詞です。例文を見てみましょう。

 

彼らはあの部屋の中にいます。
They are in that room.

 

私は今パリにいます。
I'm in Paris now.

 
 前置詞「at」
atはinよりもより範囲のせまい、「ある一点で」というニュアンスです。例文で確認しましょう。

 

彼はあのゲートにいる。
He is at that gate.

 

彼は谷原2-3-5に住んでいる。
He lives at 2-3-5 Yawara.

 

※英語の場合、住所の読み方は日本語と逆になります。
 
 前置詞「to」
toは「~へ」という到達点を意味します。以下の例文で確認しましょう。

 

私は京都に行きます。
I go to Kyoto.

 

彼はあのドアへ走る。
He runs to that door.

 
 前置詞「from」
fromはtoと反対の意味を表し、「~から」という起点を意味します。例文を見てみましょう。

 

私は日本から来ました(日本出身です)。
I am from Japan.

 

※国名、地名を表す名詞は冠詞を付けず、最初の単語が大文字になります。

 

fromとtoは、以下の例文のように一緒に使われることもあります。

 

3時から4時まで
from three to four

 

ここからあそこまで
from here to there

 

 前置詞「by」と「near」
by, nearは、どちらとも「~のそばに」という意味ですが。nearよりbyの方がより「近い」というニュアンスがあります。例文で確認しましょう。

 

あなたの時計はその窓のそばです。
Your watch is by (= near) the window.

 

 その他場所を表す便利な前置詞フレーズ
以下の前置詞フレーズは、日常英会話で頻繁に使われます。何度も音読して、暗記してしまいましょう(太字が1つのかたまりとなっています)。

 

私の家は、あなたの家の前にあります。
My house is in front of yours (= your house).

 

私の家は、あなたの家の後ろにあります。
My house is behind yours.

 

私の家は、あなたの家の右側にあります。
My house is on the right side of yours.

 

私の家は、あなたの家の左側にあります。
My house is on the left side of yours.

 

私の家は、あなたの家から遠いです。
My house is far from yours.

 

 前置詞「for」
forの本来の意味は、「目標」を表します。そこから派生して、「~に向かって、~のために」という意味になります。

 

これはあなたにあげます。
This is for you.

 

彼女は彼のために夕飯を作る。
She cooks dinner for him.

 

私はその車を買うためにお金が必要です。
I need money for the car.

 
 前置詞「with」
withは、「同伴、付加」が本来の意味です。そこから派生して、「~と一緒に」などの意味になります。

 

彼は彼女と一緒に昼飯を食べる。
He eats lunch with her.

 

彼は彼女と同棲している。
He lives with her.

 
 前置詞「of」
ofは、「AのB」という意味を表し、英語表記では「B of A」となります。日本語と訳し方が逆になります。この前置詞は、所有格を使って表すこともできます。例文で確認しましょう。

 

この国の大統領
the country's president
= the president of this country

 

スピーキングで使う場合は、日本語と同じ語順である所有格の方が使いやすいです。

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

関連ページ

英語の文法:総称の複数形、集合、固有、物質、抽象名詞
英語の文法:数、量の表し方 (aや数字+名詞+of+物質名詞)
英語の文法:名詞、代名詞の一致
英語の文法:名詞の慣用表現
英語の文法:冠詞+抽象名詞、文字、記号の複数形とその例外
英語の文法:ofと所有格(名詞構文、独立 /二重所有格)
英語の文法:所有格と所有代名詞
英語の文法:some,any,no,noneの使い分け
英語の文法:fewとlittleの使い方
英語の文法:something, anythingなど
英語の文法:someone, anyoneなど
英語の文法:one,some,another,otherの使い方
英語の文法:代名詞oneの使い方
英語の文法:再帰代名詞(目的語・強調用法)
英語の文法:such, so, sameの用法、代動詞
英語の文法:総称人称の使い方、仮主語itへの書き換え
英語の文法:不定代名詞を使った慣用表現
英語の文法:both, either, neither
英語の文法:指示代名詞、such、so、sameの用法
英語の文法:冠詞、名詞の種類、名詞を修飾する形容詞
英語の文法:限定用法と叙述用法の違い、使い方
英語の文法:前置詞を使いこなせるようになるために
英語の文法:副詞(語順、時を表す副詞)
英語の文法:副詞の位置、時や頻度を表す副詞
英語の文法:数字の読み方
英語の文法:序数詞(~番、第~)の読み方
英語の文法:数字・数式の読み方
英語の文法:不定冠詞と定冠詞の特別用法
英語の文法:冠詞の位置や反復、省略