ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

英語の文法:such, so, sameの用法、代動詞

ここでは、会話でよく使われるsuch, so, same、そして代動詞について学習していきます。文法を理解し、例文を音読することで自分でも使えるように練習していきましょう。

 

 suchの用法
suchは「そのような~」という意味であり、品詞は形容詞です。通常の形容詞とは違い、冠詞のaやanはsuchの後ろにつけます。例文で確認しましょう。

 

これは大きなリンゴだ。
This is a big apple. (冠詞は形容詞bigの前)

 

彼はそんなことをやりたくない。
He doesn't want to do such a thing. (冠詞はsuchの後ろ)

 

そのような本は読みたくない。
I don't want to read such books. (名詞が複数形の場合は冠詞がつかない)

 

all, any, few, noなどは、suchの前に置かれます。

 

そのような車全ていらない。
I don't want all such cars.

 

そんなものはほしくない。
I don't want any such thing.
= I want no such thing.

 

suchの用法は他にもたくさんありますが、これに関してはさらに上のレベルで学習していきます。

 

 soの用法
soは「そのような~」という意味で、suchと同じ訳です。しかしsoは副詞であり、動詞や形容詞、副詞などを修飾します。例文を見てみましょう。

 

なぜ彼はそんなに疲れているの?

Why is he so tired?

 

また、soは「とても」という意味でも使われ、口語表現となります。

 

とても疲れた!
I'm so tired!

 

他にも、soは代名詞のような働きもあります。例文で確認しましょう。

 

彼は来ると思う? はい、そう思います。 /  いいえ、そう思いません。
Do you think (that) he will come? Yes, I think so. / No, I don't think so.

 

このときのsoは、he will comeの代わりとなっています。また、下記のようにsoの代わりにnotを使うこともできます。

 

いいえ、そう思いません。
No, I think not.

 

会話でよく使われる表現ですので、ぜひ使いこなせるようになりましょう。

 

 代動詞のdo so
前文の「動詞+目的語や補語」の2つを受ける際、do soを使うことで同じ単語の重複を省くことができます。これは、日常会話でもよく使われる表現です。下記の例文を見てみましょう。

もし家にいたいなら、そうしていいよ。
If you want to stay at home, you can do so (= you can stay at home)

 

彼は私の悪口を言ってましたか? いいえ、そんなこと言いませんでしたよ。
Did he speak ill of me? No, he didn't do so.

 

これらは、do it (= do that)にも言い換え可能です。

 

 sameの用法
sameは「同じ~」という意味の形容詞または代名詞であり、前に定冠詞のtheを付けます。例文を見てみましょう。

 

それは同じことだ。
That's the same thing. (形容詞)

 

私も同じものをもらいます。
I'll have the same. (代名詞)

 

「~と同じ……をする」と表現する場合、構文は the same ~ as / that ……です(asとthatは言い換え可能です)。これは関係代名詞のように使われ、asまたはthatの前に先行詞がきます(先行詞とは、関係代名詞に修飾される名詞や句、文章のことを指します)。例文で確認しましょう。

 

彼女は私と同じ辞書を持っている。
She has the same dictionary as / that I do (= have).

 

これは私が昨日買った製品と同じ物だ。
This is the same product as / that I bought yesterday.

 

上記の例文では、先行詞はbook、productであり、関係代名詞はそれら以降の文章となります。

 

asとthatの違いですが、asは先行詞が同じ種類の場合に使われ、thatは先行詞が全く同じ物のときに使われます。しかし、現在はそういった違いがなくなっているようです。

 

彼は私と同じ財布を買った。
She bought the same wallet as I have.  (同じ種類)

 

彼は昨日と同じTシャツを着ている。
He is wearing the same shirt that he did yesterday. (全く同じシャツ)

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

関連ページ

英語の文法:総称の複数形、集合、固有、物質、抽象名詞
英語の文法:数、量の表し方 (aや数字+名詞+of+物質名詞)
英語の文法:名詞、代名詞の一致
英語の文法:名詞の慣用表現
英語の文法:冠詞+抽象名詞、文字、記号の複数形とその例外
英語の文法:ofと所有格(名詞構文、独立 /二重所有格)
英語の文法:所有格と所有代名詞
英語の文法:some,any,no,noneの使い分け
英語の文法:fewとlittleの使い方
英語の文法:something, anythingなど
英語の文法:someone, anyoneなど
英語の文法:one,some,another,otherの使い方
英語の文法:代名詞oneの使い方
英語の文法:再帰代名詞(目的語・強調用法)
英語の文法:総称人称の使い方、仮主語itへの書き換え
英語の文法:不定代名詞を使った慣用表現
英語の文法:both, either, neither
英語の文法:指示代名詞、such、so、sameの用法
英語の文法:冠詞、名詞の種類、名詞を修飾する形容詞
英語の文法:限定用法と叙述用法の違い、使い方
英語の文法:前置詞
英語の文法:前置詞を使いこなせるようになるために
英語の文法:副詞(語順、時を表す副詞)
英語の文法:副詞の位置、時や頻度を表す副詞
英語の文法:数字の読み方
英語の文法:序数詞(~番、第~)の読み方
英語の文法:数字・数式の読み方
英語の文法:不定冠詞と定冠詞の特別用法
英語の文法:冠詞の位置や反復、省略