ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

英語の文法:something, anythingなど

ここでは、something, anything, nothing, everythingの使い方について学習していきます。会話でも非常によく使われますので、しっかりと覚えましょう。これらは全て不定代名詞と呼ばれるもので、文章の主語、補語、目的語に置くことができます。以下の例文を見てみましょう。

 

何かがおかしい。
Something is wrong. (主語)

 

彼は何かを知っている。
He knows something. (目的語)

 

それは私にとっては大したことではない。
It is nothing to me. (補語)

 

補語とは、上の例文のようにisという動詞だけでは文章の意味を成さない場合に置かれます。

 

 something, anything, nothing, everything
somethingは「何か」という意味で、anythingは「何でも」という意味の代名詞です。everythingは「全て」、nothingは「何も~ない」という意味になります。では、例文を見てみましょう。

 

彼女は彼について何か知っています。
She knows something about him.

 

彼女は彼について何でも知っています。
She knows anything about him.

 

彼女は彼について全て知っています。
She knows everything about him.

 

彼女は彼について何も知りません。
She knows nothing about him.
= She doesn't know anything about him.

 

疑問形で「何か」と言う場合は基本的にanythingを使います。

 

あなたは彼について何か知っていますか?
Do you know anything about him?

 

ただし、相手が「はい」と応答することを期待する場合は、somethingを使うこともできます。

 

何か飲むものはありますか?
Do you have something to drink?

 

nothingはこの単語自体に否定の意味が含まれているため、以下のようには言うことができません。

 

彼女は彼について何も知りません。
She doesn't know nothing about him.

 

意味は通じるかもしれませんが、これは教養のないネイティブがよく使う言い方としてみなされています。そのため、私たち日本人は正しい形で使えるようにしましょう。

 

初めのうちは、「知りません」という日本語がでてきたらどうしても「doesn't」を使ってしまいがちです。この場合、後ろでnothingを言ってしまうという誤りが頻繁に起こります。

 

これを避けるためにも、「最初はnothingを使わず、not~anythingだけを使う」と決めておけば間違いを減らすことができます。慣れてきたら、nothingを使う練習もしていきましょう。

 

 ~thing+else
上で学習したそれぞれの不定代名詞の後ろにelseをつけると、「他に~」という意味になります。例文を見てみましょう。

 

彼女は彼について、他に何か知っている。
She knows something else about him.

 

彼女は彼について、他に何か知っていますか?
Does she know anything else about him?

 

彼女は彼について、他に何もしらない。
She knows nothing else about him.
= She doesn't know anything else about him.

 

彼についてその他全てのことに関しては忘れなさい。
Forget everything else about him.  (彼についてあることは知っているが、その他は全て忘れなさい)

 

他に何かいりますか?(お店のスタッフが)
Anything else?

 

これはお店で使われる決まり文句です。

 

 ~thing+(形容詞)+to不定詞
形容詞は、基本的に名詞の前に置くことがルールです。しかし、~thingが使われている場合はその後ろに形容詞を置きます。例文で確認しましょう。

 

何か冷たい物はありますか?
Do you have something cold?

 

何か飲み物はありますか?
Do you have something to drink?

 

何か冷たい飲み物はありますか?
Do you have something cold to drink?

 

疑問文で使われるsomethingは、相手の了承を期待しているときに使われます。

 

例えばこれをDo you have anything to drink?にすると、「(汚い水など、どんなものでもいいから)何か飲むものはありますか?」という意味になります。

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

関連ページ

英語の文法:総称の複数形、集合、固有、物質、抽象名詞
英語の文法:数、量の表し方 (aや数字+名詞+of+物質名詞)
英語の文法:名詞、代名詞の一致
英語の文法:名詞の慣用表現
英語の文法:冠詞+抽象名詞、文字、記号の複数形とその例外
英語の文法:ofと所有格(名詞構文、独立 /二重所有格)
英語の文法:所有格と所有代名詞
英語の文法:some,any,no,noneの使い分け
英語の文法:fewとlittleの使い方
英語の文法:someone, anyoneなど
英語の文法:one,some,another,otherの使い方
英語の文法:代名詞oneの使い方
英語の文法:再帰代名詞(目的語・強調用法)
英語の文法:such, so, sameの用法、代動詞
英語の文法:総称人称の使い方、仮主語itへの書き換え
英語の文法:不定代名詞を使った慣用表現
英語の文法:both, either, neither
英語の文法:指示代名詞、such、so、sameの用法
英語の文法:冠詞、名詞の種類、名詞を修飾する形容詞
英語の文法:限定用法と叙述用法の違い、使い方
英語の文法:前置詞
英語の文法:前置詞を使いこなせるようになるために
英語の文法:副詞(語順、時を表す副詞)
英語の文法:副詞の位置、時や頻度を表す副詞
英語の文法:数字の読み方
英語の文法:序数詞(~番、第~)の読み方
英語の文法:数字・数式の読み方
英語の文法:不定冠詞と定冠詞の特別用法
英語の文法:冠詞の位置や反復、省略