英語の文法:some,any,no,noneの使い分け

このページではsome, any, no, noneの使い分けを解説していきます。会話や文章では頻繁に使われますので、しっかりと文法を理解するようにしましょう。

 

 someの用法
この単語は形容詞で、「いくつかの~」という意味です。数えられる名詞(可算名詞)、数えられない名詞(不可算名詞)のどちらの前にも置くことができます。可算名詞の前に置く場合、名詞は複数形となります。以下の例文で確認しましょう。

 

彼女はリンゴをいくつか買いました。
She bought some apples.

 

私は水を(いくらか)飲みました。
I drank some water.

不可算名詞は単独ではあまり使われず、someと一緒に用いられることが多いです。

 

 代名詞としてのsomeの用法
someは形容詞のほかに、代名詞としての役割を果たします。形はsome (of~)となります。

 

私はいくつか持っている。
I have some.

 

私は彼らのうちの何人かを知っている。
I know some of them.

 

私はこれらのリンゴうち何個か買いました。
I bought some of these apples.

上の例文のように、theseやthemなどの代名詞がある場合は、someを形容詞として使えません。

 

I know some them.
I bought some these apples.

このようには言えないので、some ofで言い換えます。

 

I know some of them.
I bought some of these apples.

 anyの用法
肯定文で使われる場合、anyは「いかなる~でも」という意味になります。以下の例文を見てみましょう。

 

私はどんな料理でも食べれますよ。
I can eat any food.

anyを否定文で使うことで、「いかなる~もない、1つも~ない」という意味になります。

 

冷蔵庫に食べ物が1つもない。
I don’t have any food in the fridge.

 代名詞としてのany
someと同じく、代名詞としてanyを使うことができます。その場合、any (of~)という形にします。

 

私は何も / 誰も知りません。
I don’t know any.

 

私は彼らを誰も知りません。
I don’t know any of them.

 

私はあれらの人々を誰も知りません。
I don’t know any of those people.

 疑問文で使われるsomeとany
someが疑問文で使われる場合、「相手が了承をしてくれるのを期待している」というニュアンスがあります。

 

お水をもらってもいいですか?
Can I have some water?

一方、上の文をanyにした場合は「どんなお水でもいいからください」というニュアンスになります。

 

(どんなお水でもいいから)お水をもらえますか?
Can I have any water?

 noの用法
noを形容詞として使う場合、上記のnot~anyと同じで「全然~ない」という意味になります。以下の例文を確認しましょう。

 

私には友達がいない。
I have no friends.
= I don’t have any friends.

noを代名詞として使う場合は、none (of~)とします。これは、any (of~)と言い換え可能です。

 

私はあれらの人々を誰も知りません。
I know none of those people.
= I don’t know any of those people.

noはこの単語自体に否定の意味が含まれており、日本人にとって最初は使いにくい単語です。例えば、上記の例文を以下のように言ってしまうことが多々あります。

 

I don’t have no friends.
I don’t know none of those people.

これでも一応は通じますが、ネイティブから「教養を感じられない」と思われてしまいます。そのため、慣れないうちはnot~anyの方が使いやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です