英語の文法:ofと所有格(名詞構文、独立 /二重所有格)

ここでは、「~の」という意味のofとアポストロフィー(’)sの使い分けについて解説していきます。これにはさまざまなルールがあるので、1つずつ解説していきます。

 

‘sをつける場合は、基本的には人間か動物です。一方、ofを使う場合は無生物の場合になります。例文を見てみましょう。

 

私の妹の彼氏
my sister’s boyfriend
その建物の建設
the construction of the building

次に、’sの例外を見ていきます。以下の場合は、全て’sで表現します。

 

 ・地名

日本の将来
Japan’s future
アメリカの希望
the United States’ hope

 ・天体、地域、施設

地球の神秘
the earth’s mystery
世界の人口
the world’s population

 ・時間、距離、重量、価格

5分のドライブ
(a) five minutes’ drive
=(a) five-minute drive
1000円の価値
a thousand yen’s worth

 ・慣用表現

間一髪で
by a hair’s breadth
お願いだから
for pity’s sake

このように、’sは様々な場所で使うことができます。特に最近では、上記で説明したこと以外でも無生物に’sを使う傾向が増えてきているようです。「ofを使うとどこかフォーマルに聞こえてしまう」ということが理由のようです。

 

しかし、of以降の名詞に長い修飾がある場合は、’sを使うべきではありません。例えば、「先月1億円の損失を出した会社の将来」と言う場合は以下のようになります。

 

the future of the company that caused a serious loss of 100 million yen last month

また、’sを使うかofを使うかで意味が変わってしまうこともあります。

 

今日の雑誌
today’s magazine
現代の雑誌
magazines of today

このように、何でも’sを使って表現しようとすると意味が違ってしまう場合があります。それを避けるには、別の単語を使いましょう。例えば、「現代の」にはrecentやcurrentを用います。

 

recent / current magazines

 名詞構文
名詞構文とは、文中の動詞や形容詞を名詞に変えることにより、「主語+述語」の部分を「所有格+名詞」の形で表現することを指します。これはフォーマルなスピーチや書き言葉でよく使われます。頻繁に見られる構文ですので、しっかりと学習してください。

 

まずは、「主語+述語」からなる節を名詞構文という名詞句に変える際の基本的なルールを覚えてください。

 

(主語+述語)節

名詞構文(句)

主語(名詞)

所有格

自動詞 / 他動詞 / 形容詞

名詞

目的語

上の名詞の語法である前置詞のあと

副詞

形容詞

 

 ・自動詞と形容詞の名詞構文
まずは以下の例文を見てください。

 

父は娘の到着に安心した。
Her father was relieved that his daughter (had) arrived.

名詞構文にする場合、arriveという動詞を名詞化します。それに対する意味上の主語であるhis daughterを、所有格に変えてhis daughter’sとします。そうすると、以下のようになります。

 

Her father was relieved at his daughter’s arrival.

次に、形容詞を名詞に変えた名詞構文を見てみましょう。

 

彼女は彼の無知を心配している。
She is worried that he is ignorant.
= She is worried about his ignorance. (名詞構文)

副詞がついた「主語+述語」を名詞構文にする場合は、副詞を形容詞に変えます。例文を確認してください。

 

父は娘が遅く到着したことに心配していた。
Her father was worried that his daughter (had) arrived late.
= her father was worried about his daughter’s late arrival.

 ・他動詞の名詞構文
他動詞を名詞構文に変える場合は以下のようになります。上記で説明したルールを元に、例文を見てみましょう。

 

先生は生徒を厳しく教育した。
The teacher educated the students strictly.
The teacher’s education of the students were strict.

また、「先生の生徒に対する厳しい教育」という名詞句を作ることも可能です。その場合、strictという名詞を限定用法として使い、educationの前に置きます。

 

the teacher’s strict education of the students

例外的に、目的語が名詞構文内で所有格として使われることもあります。例文で確認してください。

 

その猫の救出に成功した。
They rescued the cat successfully.
= The cat’s rescue was successful. 
= The rescue of the cat was successful.

the catが誰かをrescueしたということは普通ありえないので、これに関してはthe cat’s rescueとしても意味を誤解する心配はありません。

 

 独立所有格
独立所有格とは、所有格(‘s)のあとの名詞を省き、所有格が単独で使われることを指します。例文を見てみましょう。

 

私の車はボブの車より高い。
My car is more expensive than Bob’s (car).

このように、同じ単語が2回使われる場合はあとの単語が省略される傾向にあります。しかし、以下の場合では名詞は常に省略されます。

 

house, home, shop, store, office, hotel, restaurant, theater, church, hospitalなど、場所や建物を表す名詞

例文で確認してください。

 

彼女はトムの家に泊まっている。
She is staying at Tom’s (house / home).

名詞の前にtheがつく場合、’sは省略されることが多いです。

 

美容院で、
at the hairdresser

 二重所有格
指示代名詞(this, thatなど)や不定代名詞(some, anyなど)と一緒に所有格の’sを使うことはできません。そのため、以下のように表す必要があります。

 

あのトムの車
that car of Tom’s
トムの何台かの車
some cars of Tom’s

このように、指示代名詞や不定代名詞は通常通りの位置につけますが、所有格は名詞の後ろにつけてof+所有格とします。これを、二重所有格と言います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です