英語の文法:名詞の慣用表現

ここでは、さまざまな名詞の慣用表現について学習していきます。話し言葉と書き言葉の両方があるので、それぞれの場面に適した表現を使えるようにしましょう。

 

 前置詞+抽象名詞の慣用表現
これは前置詞+抽象名詞で副詞や形容詞の働きをするものです。ofとwithが使われることが多く、of+抽象名詞だと形容詞になり、with+抽象名詞だと副詞になります。例文を見てみましょう。

 

この辞書は役に立つ。
This dictionary is of use / useful.

 

彼は有能な人だ。
He is a man of ability / an able man.

 

彼女は英語を流暢に話す。
She speaks English with fluency / fluently.

前置詞の後に所有格をつけることで、「~のような」という意味になります。

 

私は彼のような有能な人になりたい。
I want to be a man of his ability.
= I want to be an able man like him.

 動詞+名詞の慣用表現
これは主に会話でよく使われる表現です。例文を見てみましょう。

 

私たちは長いこと話しました。
We had a long talk.
= we talked for a long time.

英語では動詞+名詞として表現することが多く、これは日本語にはあまりない発想法です。私たち日本人がスピーキングで使う場合、日本語の「話した」をそのまま訳してtalkedとしてしまったほうが簡単です。しかし慣れてきたら、had a long talkという言い方をするとよりネイティブらしくなります。

 

それでは、have以外の動詞を使ったパターンも見ていきましょう。

 

彼女は湖の周りを散歩した。
She took a walk around the lake.
= She walked around the lake.

 

彼らは交代で眠った。
They took turns sleeping.

 

赤ちゃんは大声で泣いた。
The baby gave a loud cry.
= The baby cried loudly.

 

私たちは右へ曲がった。
We made a right turn.
= We turned right.

 形容詞+-erの表現
これは会話でよく使われる表現です。慣れないうちは、動詞+副詞の形を使ったほうが英文を作りやすいです。

 

彼は泳ぐのが上手い。
He is a good swimmer.
= he swims well.

 

彼女は負けっぷりがよい。
She is a good loser.

これらを使いこなすには、大体言い方が決まっています。そこで、決まり文句として覚えてしまうとよいでしょう。

 

 all+抽象名詞、抽象名詞+itself
これらはどちらとも、veryの同等の意味となります。

 

彼は全身を耳にしていた。
He was all attention / all ears.
= He was very attentive.

 

彼女は親切そのものだ。
She is kindness itself / very kind.

all+複数名詞の形もあります。これもveryと同じ意味です。

 

彼は不器用だ。
He is all thumbs.
= He is clumsy.

 

彼らは大喜びだった。
They were all smiles.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です