ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

英語の文法:名詞、代名詞の一致

ここでは、名詞と代名詞の一致について学習していきます。細かいところなので意識しないとかなり見落としがちな文法ですので、しっかりと理屈を理解して正しく使えるようになりましょう。

 

 性の一致
原則として、性の区別のある単数名詞はhe, sheと使い分け、物に関してはitを使います。しかし、これには例外もあります。いくつか例文を見てみましょう。

 

 ・赤ん坊

赤ん坊は自分のおもちゃで遊んでいた。
The baby was playing its toy.

 

その赤ん坊のことを知らない人が言う場合、itsを使う傾向があります。母親など親しみを感じている人が言う場合はhisやherを使います。

 

 ・ペット

私は猫を飼っている。名前はキキだ。
I have a cat. Her name is Kiki.

 

一般的にはitsを用いますが、飼い主が言う場合や、雄か雌かはっきりしている場合はhisやherを使います。

 

 ・擬人化

これは私の車だ。美しいだろう?
This is my car. She is beautiful, isn't she?

 

物に愛着がある場合、このように擬人化する傾向があります。

 

 不定代名詞を受ける代名詞の一致
everyone, someone, each, either, no oneなどは、堅い言い方ではhe or sheという形を用います。しかし、会話ではtheyを使うことが多いです。heで受ける形もありますが、今は差別と考えられるので避けるのが普通です。

 

皆は自分自身の仕事に満足している。
Everyone is happy with his or her their own work.

 

誰かが昨日ここに来ましたよね?
Someone came here yesterday, didn't they?

 

一般の人を表すoneは、アメリカではhe / hisで受け、イギリスではone / one'sで受けます。しかし、これは現在ではあまり使われない傾向にあるようです。

 

人は最善を尽くすべきだ。
One should do his / one's best.

 

現在はoneの代わりに、youやweを使うことが普通です。

 

You / We should do your / our best.

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

関連ページ

英語の文法:総称の複数形、集合、固有、物質、抽象名詞
英語の文法:数、量の表し方 (aや数字+名詞+of+物質名詞)
英語の文法:名詞の慣用表現
英語の文法:冠詞+抽象名詞、文字、記号の複数形とその例外
英語の文法:ofと所有格(名詞構文、独立 /二重所有格)
英語の文法:所有格と所有代名詞
英語の文法:some,any,no,noneの使い分け
英語の文法:fewとlittleの使い方
英語の文法:something, anythingなど
英語の文法:someone, anyoneなど
英語の文法:one,some,another,otherの使い方
英語の文法:代名詞oneの使い方
英語の文法:再帰代名詞(目的語・強調用法)
英語の文法:such, so, sameの用法、代動詞
英語の文法:総称人称の使い方、仮主語itへの書き換え
英語の文法:不定代名詞を使った慣用表現
英語の文法:both, either, neither
英語の文法:指示代名詞、such、so、sameの用法
英語の文法:冠詞、名詞の種類、名詞を修飾する形容詞
英語の文法:限定用法と叙述用法の違い、使い方
英語の文法:前置詞
英語の文法:前置詞を使いこなせるようになるために
英語の文法:副詞(語順、時を表す副詞)
英語の文法:副詞の位置、時や頻度を表す副詞
英語の文法:数字の読み方
英語の文法:序数詞(~番、第~)の読み方
英語の文法:数字・数式の読み方
英語の文法:不定冠詞と定冠詞の特別用法
英語の文法:冠詞の位置や反復、省略