ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

英語の文法:冠詞+抽象名詞、文字、記号の複数形とその例外

ここでは、抽象名詞に冠詞がつくパターンと、名詞の種類を変化させる方法について学習していきます。名詞の変化とは、例えば抽象名詞から普通名詞に変化させる方法などを指します。細かい部分ですが、ライティングで正しい英文を書く上での必須の知識となります。

 

 冠詞+抽象名詞、抽象名詞の複数形
 ・不定冠詞がsomeと同じ意味になる
抽象名詞は普通、冠詞をつけずに用います。しかし、不定冠詞をつけるとsomeと同じ意味になります。

 

彼はドイツ語が少しできる。
He has a / some knowledge of German.

 

これは、at a distance「少し離れて」やfor a while「しばらくの間」などと同じ用法です。

 

 ・the+抽象名詞+of+(代)名詞
抽象名詞の後にof+(代)名詞がつく場合、抽象名詞の前にtheをつけます。

 

エベレストを登る難しさをたった今知った。
Only now have I known the difficulty of climbing Mt. Everest.

 

 ・行為や事柄、種類などを個別に表す場合
抽象名詞の前に冠詞を置いたり、抽象名詞を複数形にしたりすることで普通名詞のように扱うことができます。

 

彼女はバイオリニストとしての成功者だ。
She is a success as a violinist.

 

彼は彼女に色々と親切をした。
He has done her many kindnesses.

 

 ・抽象名詞を数える場合
この場合、抽象名詞の前にa piece of / an item ofをつけます。

 

私は彼女から有用なアドバイスを得た。
I got a piece of advice from her.

 

 ・冠詞+形容詞+抽象名詞
抽象名詞に形容詞が付く場合、そのまえに冠詞をつけることが多いです。

 

彼は幸せに暮らした。
He lived a good life.

 

しかし、冠詞をつけない抽象名詞もあります。

 

彼はそのタスクを着実にこなしている。
He is making steady progress in carrying out the task.

 

これを使いこなすには、英文を読む中で「形容詞+抽象名詞」を意識し、冠詞をつける名詞とつけない名詞を一つずつ覚えていくことが必要です。

 

 文字・記号などの複数形
文字や記号などの複数形の作り方は、それらの後ろに('s)をつけます。ただ、単に(s)をつけるだけの場合もあります。例文を見てみましょう。

 

彼の3は8に見える。
His 3's look like 8's.

 

彼は沢山のCDを持っている。
He has a lot of CD's / CDs.

 

1980年代に
in the 1980's / 1980s.

 

 敬称などの複数形
MrやMrsなどのフォーマルで使われる複数形を知っている人は少ないです。ここで暗記して、使いこなせるようになりましょう。

 

単数形

複数形

Mr. Messrs.
Mrs. Mmes.
Ms. Mses, Ms's
Miss Misses
Dr. Drs.

 

現在では、あまり上記の複数形は使われません。例えば、Mr. SmithとMr. Bobがいる場合、Messrs. Smith and Bobとはあまり言いません。代わりに、Mr. Smith and Mr. Bobとするのが普通です。

 

 漠然と多数を表す名詞
hundredやthousandなどを複数形にすることで、「何百もの、何千もの~」と表すことができます。「何万、何十万」と表す場合、tens of thousands ofやhundreds of thousands ofとします。

 

公園には何百 / 何万 / 何百万もの人々がいた。
There were hundreds of / tens of thousands of / millions of people in the park.

 

「数十もの~」には、dozensを使います。dozenとすると「1ダース」という意味になります。

 

 数詞+名詞が他の名詞を修飾する場合
数詞+名詞だけの場合、名詞は下記のように複数形となります。

 

彼は15歳です。
He is fifteen years old.

 

一方、「彼は15歳の少年です」という場合は、yearを単数形にしません。

 

He is a fifteen-year-old boy.

 

このように、数詞+名詞が他の名詞(boy)を修飾するときは、名詞(year)は単数形となります。また、上記のように数詞+名詞+形容詞をハイフンでつなぎます。他にもいくつかの例を見てましょう。

 

築30年の家
a thirty-year-old- house

 

1000円札
a one-thousand-yen bill

 

2桁のインフレ
two-digit inflation

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

関連ページ

英語の文法:総称の複数形、集合、固有、物質、抽象名詞
英語の文法:数、量の表し方 (aや数字+名詞+of+物質名詞)
英語の文法:名詞、代名詞の一致
英語の文法:名詞の慣用表現
英語の文法:ofと所有格(名詞構文、独立 /二重所有格)
英語の文法:所有格と所有代名詞
英語の文法:some,any,no,noneの使い分け
英語の文法:fewとlittleの使い方
英語の文法:something, anythingなど
英語の文法:someone, anyoneなど
英語の文法:one,some,another,otherの使い方
英語の文法:代名詞oneの使い方
英語の文法:再帰代名詞(目的語・強調用法)
英語の文法:such, so, sameの用法、代動詞
英語の文法:総称人称の使い方、仮主語itへの書き換え
英語の文法:不定代名詞を使った慣用表現
英語の文法:both, either, neither
英語の文法:指示代名詞、such、so、sameの用法
英語の文法:冠詞、名詞の種類、名詞を修飾する形容詞
英語の文法:限定用法と叙述用法の違い、使い方
英語の文法:前置詞
英語の文法:前置詞を使いこなせるようになるために
英語の文法:副詞(語順、時を表す副詞)
英語の文法:副詞の位置、時や頻度を表す副詞
英語の文法:数字の読み方
英語の文法:序数詞(~番、第~)の読み方
英語の文法:数字・数式の読み方
英語の文法:不定冠詞と定冠詞の特別用法
英語の文法:冠詞の位置や反復、省略