英語の文法:不定冠詞と定冠詞の特別用法

ここでは、不定冠詞と定冠詞の上級用法について解説していきます。使いこなせる人は少ないですが、翻訳者などを目指すような上級レベルのライティング力を身につけたい人は必須の知識ですので、しっかりと暗記しましょう。

 

 「ある~」(a certain)

彼女はクリスマスのある年に家を去った。
She left home on a Christmas.

 「いくつかの」(some)

数学の知識があると時に役立つ。
A knowledge of math is sometimes useful.

 

knowledgeは通常不可算名詞です。

 不定冠詞+固有名詞
固有名詞に冠詞がつくことは意外かもしれませんが、こういった形も存在します。会話でもよく使われているので、ここでしっかりと覚えましょう。

 

 ・「~という人」(a certian)

タカシと言う人があなたのことを待ってるよ。
A Takashi is waiting for you.

 ・「~のような人」(one like)

彼は外見に関してはブラット・ピットのようだ。
He is a Brad Pitt in appearance.
= He is like Brad  Pitt.

 ・「~の作品、製品など」

彼はフェラーリを買った。
He bought a Ferrari.

 不定冠詞+形容詞の最上級
形容詞の最上級に不定冠詞をつけると、veryと同じ意味になります。

 

彼にはとても美しい妻がいる。
He has a most beautiful wife.

 不定冠詞+序数(another~)
これは、さらにもう1つ加わるという意味を表します。

 

私は(3回やったあとで)もう一度壁を登ろうとした。
I tried to climb the wall a fourth time.

 不定冠詞+抽象名詞
通常、抽象名詞には冠詞が付きません。しかし、個別的な行為や実例を示すときに不定冠詞をつけることがあります。

我が家にはストーブは必需品だ。
A stove is a necessity in our house.

抽象名詞の前に形容詞が付くと、不定冠詞もよく一緒につきます。

 

長い沈黙があった。
There was a long silence.

 不定冠詞+物質名詞
不定冠詞が物質名詞の前につくと、その物質の種類や製品などを表します。

 

これは彼女が昨日買ったお茶とは違うぞ。
This is a different tea from the one she bought yesterday.

 定冠詞+形容詞 or 分詞
形容詞や分詞に定冠詞をつけることによって、「~の人々」という意味になります。これは主に書き言葉で使われます。

 

金持ち
the rich
= rich people
老人たち
the old
= old people
失業者
the unemployed
= unemployed people

 ・抽象的な意味「~なもの、こと」
これは、thingが省略された形です。

 

最も重要なことをあなたは忘れている。
You forget the most important (thing).

 動作を表す動詞+人+前置詞+the+体の部分
これは会話でも使われる表現です。例文を見てみましょう。

 

彼は私の腕をつかんだ。
He grabbed me by the arm.
= He grabbed my arm.

これはどちらとも正解ですが、2文目は状況によって「私の(切り離された)腕をつかんでいる」というニュアンスにもなりえます。別の例文も見てみましょう。

 

彼女は頬にキスされた。
She was kissed on the cheek.

 

警察は殺人犯の心臓を銃で撃ち抜いた。
The police shot the murder through the heart.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です